企業倒産件数、前年同月比10%ダウン787件……25年ぶりの低水準 画像 企業倒産件数、前年同月比10%ダウン787件……25年ぶりの低水準

マネジメント

東京商工リサーチが8月10日に発表した2015年7月の全国企業倒産状況によると、倒産件数(負債額1000万円以上)は前年同月比10.7%減の787件で、4か月連続で前年同月を下回った。

倒産件数は、7月度としては、1990年(482件)以来25年ぶりに800件を下回る低水準だった。金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引され景気が底上げされていることも影響した。

負債総額は、同7.2%減の1200億6800万円、3か月連続で前年同月を下回った。負債10億円以上の大型倒産が今年2番目に少ない20件(前年同月比4.7%減)だったのに対し、負債1億円未満の構成比が73.6%(580件)と全体の7割を占め、小規模企業の倒産が大半であることに変化がない。

産業別倒産件数は、10産業のうち7産業で前年同月を下回った。しかしサービス業他は今年最多の219件(前年同月比1.3%増)で4か月ぶりに前年同月を上回った。さらに、情報通信業も今年最多の47件(同27.0%増)になり、2か月連続で前年同月を上回った。一方、建設業は150件(同23.4%減)で13か月連続で前年同月を下回った。また、小売業が今年最少の91件(同27.7%減)、運輸業が22件(同12.0%減)でともに4か月連続で前年同月を下回った。

企業倒産件数787件、7月度としては25年ぶりの低水準…東京商工リサーチ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】シリコンウエハー加工のオプト自己破産申請へ――負債総額105億円

    【倒産情報】シリコンウエハー加工のオプト自己破産申請へ――負債総額105億円

  2. 市場変化に備え……ゼネコン各社が新規分野開拓、海外事業拡大に注力

    市場変化に備え……ゼネコン各社が新規分野開拓、海外事業拡大に注力

  3. 無料POSレジアプリ「Airレジ」がクレカ対応

    無料POSレジアプリ「Airレジ」がクレカ対応

  4. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  5. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  6. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  7. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  8. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  9. 北海道で先行導入、ヤナセとニッポンレンタカーが輸入車レンタルで提携

  10. 仕事と家庭の両立支援、愛知県がイクボス養成講座開講

アクセスランキングをもっと見る

page top