企業倒産件数、前年同月比10%ダウン787件……25年ぶりの低水準 画像 企業倒産件数、前年同月比10%ダウン787件……25年ぶりの低水準

マネジメント

東京商工リサーチが8月10日に発表した2015年7月の全国企業倒産状況によると、倒産件数(負債額1000万円以上)は前年同月比10.7%減の787件で、4か月連続で前年同月を下回った。

倒産件数は、7月度としては、1990年(482件)以来25年ぶりに800件を下回る低水準だった。金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引され景気が底上げされていることも影響した。

負債総額は、同7.2%減の1200億6800万円、3か月連続で前年同月を下回った。負債10億円以上の大型倒産が今年2番目に少ない20件(前年同月比4.7%減)だったのに対し、負債1億円未満の構成比が73.6%(580件)と全体の7割を占め、小規模企業の倒産が大半であることに変化がない。

産業別倒産件数は、10産業のうち7産業で前年同月を下回った。しかしサービス業他は今年最多の219件(前年同月比1.3%増)で4か月ぶりに前年同月を上回った。さらに、情報通信業も今年最多の47件(同27.0%増)になり、2か月連続で前年同月を上回った。一方、建設業は150件(同23.4%減)で13か月連続で前年同月を下回った。また、小売業が今年最少の91件(同27.7%減)、運輸業が22件(同12.0%減)でともに4か月連続で前年同月を下回った。

企業倒産件数787件、7月度としては25年ぶりの低水準…東京商工リサーチ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

    就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

  4. 中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

  5. 「王道歩み、率先垂範心掛ける」――大成建設・村田誉之社長に聞く

  6. CO2削減で8項目…「低炭素社会推進会議」が活動方針を公表

  7. 8割超が粗利益率改善! 主要ゼネコン26社の15年4~9月期決算

  8. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  9. 16年度建築保全業務労務単価決定、12分類の全国平均1.05%上昇

  10. 整理・整頓・清掃・清潔・しつけの徹底……「5S活動再挑戦プログラム」が登場

アクセスランキングをもっと見る

page top