企業倒産件数、前年同月比10%ダウン787件……25年ぶりの低水準 画像 企業倒産件数、前年同月比10%ダウン787件……25年ぶりの低水準

マネジメント

東京商工リサーチが8月10日に発表した2015年7月の全国企業倒産状況によると、倒産件数(負債額1000万円以上)は前年同月比10.7%減の787件で、4か月連続で前年同月を下回った。

倒産件数は、7月度としては、1990年(482件)以来25年ぶりに800件を下回る低水準だった。金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引され景気が底上げされていることも影響した。

負債総額は、同7.2%減の1200億6800万円、3か月連続で前年同月を下回った。負債10億円以上の大型倒産が今年2番目に少ない20件(前年同月比4.7%減)だったのに対し、負債1億円未満の構成比が73.6%(580件)と全体の7割を占め、小規模企業の倒産が大半であることに変化がない。

産業別倒産件数は、10産業のうち7産業で前年同月を下回った。しかしサービス業他は今年最多の219件(前年同月比1.3%増)で4か月ぶりに前年同月を上回った。さらに、情報通信業も今年最多の47件(同27.0%増)になり、2か月連続で前年同月を上回った。一方、建設業は150件(同23.4%減)で13か月連続で前年同月を下回った。また、小売業が今年最少の91件(同27.7%減)、運輸業が22件(同12.0%減)でともに4か月連続で前年同月を下回った。

企業倒産件数787件、7月度としては25年ぶりの低水準…東京商工リサーチ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 訪日外国人が「日本酒を知り、日本酒を楽しむ」プラットフォーム誕生

    訪日外国人が「日本酒を知り、日本酒を楽しむ」プラットフォーム誕生

  2. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

    おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  3. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  4. 三菱電機、名古屋製作所に第二FA開発センターを建設

  5. 【震災5年-これまでとこれから】港湾空港技術研究所理事長・高橋重雄氏

  6. 大手初、JFEエンジがミャンマーから技能者受け入れ

  7. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  8. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  9. 日本構造エンジニアリング、ベトナムの技術系人材に日系企業への就職を支援

  10. 誘導路再編、駐機場増設…国交省と成田空港会社が2020年東京五輪までの整備対策報告

アクセスランキングをもっと見る

page top