今後10年の自動車行政、多様性と国際競争力のあるものづくりを……国交省 画像 今後10年の自動車行政、多様性と国際競争力のあるものづくりを……国交省

インバウンド・地域活性

国土交通省の交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会は、自動車行政の新たな展開に関する小委員会最終報告「自動車がつくる10年先の豊かな未来社会」を公表した

小委員会は、「国土のグランドデザイン2050」の実現に向けて、将来を見据え、今後10年程度先までの自動車行政の新たな展開の方向性をとりまとめるため、昨年9月に設置して議論してきた。今回、小委員会の検討結果を最終報告書としてとりまとめた。

最終報告書によると、「豊かな未来社会」に向けた自動車行政の今後のあり方では、交流によって住民・利用者の生活の付加価値を高めるサービスの提供が重要としている。

また、日常生活や経済活動における「真に必要なサービス」を提供する地域経済・雇用の担い手であり、持続可能な経営のため、生産性向上や人材確保などの経営基盤強化が喫緊の課題として掲げる。その上で、基盤強化に有効な集約化を促進する必要性をあげる。

これからの「くるま」としては、自動車の機能面に加え、将来の様々な方向性を柔軟に検討する必要があるとし、多様性と国際競争力を視野に入れたものづくりを提言する。

国交省、「自動車がつくる10年先の豊かな未来社会」を公表…生産性向上や人材確保が課題

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

    北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

  2. 東池袋駅直上部の再開発、子育て支援施設や医療モールも

    東池袋駅直上部の再開発、子育て支援施設や医療モールも

  3. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

    東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  4. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  5. 富裕層インバウンドの法則その6

  6. 大阪・島本駅西土地区整、環境・景観に配慮した魅力あるまちづくりへ

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  8. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  9. 札幌市・産業共進会場跡地活用、17年2月にも事業者公募

  10. パルコが5カ年経営計画、総額668億円でスクラップアンドビルド

アクセスランキングをもっと見る

page top