今後10年の自動車行政、多様性と国際競争力のあるものづくりを……国交省 画像 今後10年の自動車行政、多様性と国際競争力のあるものづくりを……国交省

インバウンド・地域活性

国土交通省の交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会は、自動車行政の新たな展開に関する小委員会最終報告「自動車がつくる10年先の豊かな未来社会」を公表した

小委員会は、「国土のグランドデザイン2050」の実現に向けて、将来を見据え、今後10年程度先までの自動車行政の新たな展開の方向性をとりまとめるため、昨年9月に設置して議論してきた。今回、小委員会の検討結果を最終報告書としてとりまとめた。

最終報告書によると、「豊かな未来社会」に向けた自動車行政の今後のあり方では、交流によって住民・利用者の生活の付加価値を高めるサービスの提供が重要としている。

また、日常生活や経済活動における「真に必要なサービス」を提供する地域経済・雇用の担い手であり、持続可能な経営のため、生産性向上や人材確保などの経営基盤強化が喫緊の課題として掲げる。その上で、基盤強化に有効な集約化を促進する必要性をあげる。

これからの「くるま」としては、自動車の機能面に加え、将来の様々な方向性を柔軟に検討する必要があるとし、多様性と国際競争力を視野に入れたものづくりを提言する。

国交省、「自動車がつくる10年先の豊かな未来社会」を公表…生産性向上や人材確保が課題

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

    【地方発ヒット商品の裏側】究極の白醤油を世界へ――「足助仕込 三河しろたまり」日東醸造

  4. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  5. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  6. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  7. 大阪・うめきたの支線地下化・新駅設置でインバウンド加速へ!

  8. お茶産地PR、体験型「お茶ツーリズム」など注目のインバウンド策!

  9. 武蔵野会朝霞台中央総合病院、移転建替が起工、施工は清水建設

  10. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

アクセスランキングをもっと見る

page top