今後10年の自動車行政、多様性と国際競争力のあるものづくりを……国交省 画像 今後10年の自動車行政、多様性と国際競争力のあるものづくりを……国交省

インバウンド・地域活性

国土交通省の交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会は、自動車行政の新たな展開に関する小委員会最終報告「自動車がつくる10年先の豊かな未来社会」を公表した

小委員会は、「国土のグランドデザイン2050」の実現に向けて、将来を見据え、今後10年程度先までの自動車行政の新たな展開の方向性をとりまとめるため、昨年9月に設置して議論してきた。今回、小委員会の検討結果を最終報告書としてとりまとめた。

最終報告書によると、「豊かな未来社会」に向けた自動車行政の今後のあり方では、交流によって住民・利用者の生活の付加価値を高めるサービスの提供が重要としている。

また、日常生活や経済活動における「真に必要なサービス」を提供する地域経済・雇用の担い手であり、持続可能な経営のため、生産性向上や人材確保などの経営基盤強化が喫緊の課題として掲げる。その上で、基盤強化に有効な集約化を促進する必要性をあげる。

これからの「くるま」としては、自動車の機能面に加え、将来の様々な方向性を柔軟に検討する必要があるとし、多様性と国際競争力を視野に入れたものづくりを提言する。

国交省、「自動車がつくる10年先の豊かな未来社会」を公表…生産性向上や人材確保が課題

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

    見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  4. 釜石復興スタジアム、津波被災地に観客席1万6000席の大型施設が!

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. 愛知県豊川市、2工場撤退跡地活用で説明会開く/イオンモール進出、市は文化会館整備

  7. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. JR草津駅前の再開発ビル、中心市街地の活性化を図るねらい

アクセスランキングをもっと見る

page top