今後10年の自動車行政、多様性と国際競争力のあるものづくりを……国交省 画像 今後10年の自動車行政、多様性と国際競争力のあるものづくりを……国交省

インバウンド・地域活性

国土交通省の交通政策審議会陸上交通分科会自動車部会は、自動車行政の新たな展開に関する小委員会最終報告「自動車がつくる10年先の豊かな未来社会」を公表した

小委員会は、「国土のグランドデザイン2050」の実現に向けて、将来を見据え、今後10年程度先までの自動車行政の新たな展開の方向性をとりまとめるため、昨年9月に設置して議論してきた。今回、小委員会の検討結果を最終報告書としてとりまとめた。

最終報告書によると、「豊かな未来社会」に向けた自動車行政の今後のあり方では、交流によって住民・利用者の生活の付加価値を高めるサービスの提供が重要としている。

また、日常生活や経済活動における「真に必要なサービス」を提供する地域経済・雇用の担い手であり、持続可能な経営のため、生産性向上や人材確保などの経営基盤強化が喫緊の課題として掲げる。その上で、基盤強化に有効な集約化を促進する必要性をあげる。

これからの「くるま」としては、自動車の機能面に加え、将来の様々な方向性を柔軟に検討する必要があるとし、多様性と国際競争力を視野に入れたものづくりを提言する。

国交省、「自動車がつくる10年先の豊かな未来社会」を公表…生産性向上や人材確保が課題

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 東京都・石神井川の治水対策、城北中央公園直下に地下調節池を新規整備

  8. コーヒー店が大豆商品を販売!? 隠された農家の物語とは?

  9. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  10. ■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

アクセスランキングをもっと見る

page top