「第42回日本書道美術館展」表彰式を開催、入賞・入選作品は8月22日まで展示 画像 「第42回日本書道美術館展」表彰式を開催、入賞・入選作品は8月22日まで展示

ライフ

8月22日まで展示・一般公開
 「第42回日本書道美術館展」(主催=公益財団法人日本書道美術館、文化庁・東京都・日本教育新聞社後援)の表彰式が7月18日、東京都内のホテルで開催された。
 同館展は、公開された場での審査を行い、また、審査員の事前発表をしないという書道界でほかに例を見ない、出品者にとって納得できる厳正公平な審査方法をとっている。古典の臨書から創作、近代詩文書、篆刻に至るまで、あらゆる傾向の個性豊かな気品の高い作品が選出される。
 第42回目となった今回は、入賞候補101点を審査し、各賞が選出された。
 表彰式では、日本書道美術館大賞の大石彩光氏(写経部・宮崎)をはじめ、海部俊樹名誉館長、文部科学大臣賞など、大城章二同館館長らから賞状と記念品が贈られた。
 なお、入賞・入選作品は8月22日まで同美術館(東京・板橋区)で展示、一般に公開されている。(休館、月・火曜日)。
 問い合わせ=(公財)日本書道美術館 Tel03・3965・2611
日本教育新聞

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 学童保育「小1の壁」に母親の8割が不安

    学童保育「小1の壁」に母親の8割が不安

  2. ハロウィーンに商機、青果、茶、限定メニュー……推計で11%増

    ハロウィーンに商機、青果、茶、限定メニュー……推計で11%増

  3. ホームベーカリーで手軽に国産小麦粉 「食べ比べセット」販売広がる

    ホームベーカリーで手軽に国産小麦粉 「食べ比べセット」販売広がる

  4. ロボット・ウェアラブルと日本の伝統工芸を特集――雑誌「PEN」発売

  5. 高齢者向けビジネスのキーワードは「カラオケ×ICT」――NTTと第一興商が共同検討

  6. 文科省、いじめ対策など小・中・高校の人権教育の実践事例55例をネット公開

アクセスランキングをもっと見る

page top