【回転窓】沖縄の戦禍と交通事情 画像 【回転窓】沖縄の戦禍と交通事情

インバウンド・地域活性

 沖縄唯一の鉄道である都市モノレールが開業したのは、12年前のきょう10日。本土とは異なる食文化や風土を体験できる沖縄は、国内でも人気の観光スポットだが、モノレールが走るのは那覇空港~首里間のみ。ほかは鉄道が未整備なため、観光客は主にタクシーかレンタカー、バスで移動することに▼困るのは渋滞だ。沖縄の混雑時の車の時速は約13キロと3大都市圏より遅い。このため現在、那覇市~名護市間を1時間で結ぶ高速鉄道の検討が進む。実現すれば、県内の交流人口の増加に加え、名護市を中心とする北部圏域の活性化が期待できる▼地元の期待度も高く、沖縄県がパブリック・インボルブメントを実施したところ、県民から1万件を超える意見が。今後、沖縄の将来像を見据え、ルートを絞り込むという▼かつて沖縄には、総延長48キロの本格的な鉄道が存在した。1914(大正3)年に開業した沖縄県軽便鉄道で、那覇を中心に与那原、嘉手納、糸満をつなぐ3路線が運行していた。年間300万人を超す利用者があったが、あの戦争で壊滅した▼終戦から70年。沖縄の傷はいまだに癒えていない。

回転窓/沖縄の戦禍と交通事情

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  7. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  8. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  9. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

アクセスランキングをもっと見る

page top