ビールカップ「甲子園モデル」のリサイクルは広がるか 画像 ビールカップ「甲子園モデル」のリサイクルは広がるか

インバウンド・地域活性

 阪神電気鉄道と帝人が共同で進める、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で販売されたビールカップをリサイクルする取り組みが拡大中だ。2012年からカップの回収を始めて回収量は徐々に増えており、15年度は12―13トン(14年度は9トン)の回収を目指す。他球場が追随する動きも見え始めている。 生ビール用PET樹脂製カップを、ビールの売り子や球場内に設置した回収箱を通じて回収。工場で洗浄・破砕し、溶融して繊維やプラスチック製品にリサイクルする。 多い日は1日でビールが3万杯売れるという。カップの回収率は現在2割程度で、回収率向上が今後の課題だ。「売り子の意欲向上のため報償制度を作ったり、清掃担当者も巻き込んだりして回収率を高めたい。将来は回収率5割を目指す」(球場担当者)という。 帝人には他球場からもリサイクルを実施したいと要請が寄せられている。「来年には関東の球場でも取り組みが始まりそう」(帝人担当者)。阪神甲子園球場から全国へとリサイクルの輪が広がりそうだ。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

    “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. ~劇場型で魅せる飲食店:1~下町ワイナリーが生む“コト消費”

  6. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  7. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  8. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  9. インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  10. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

アクセスランキングをもっと見る

page top