マレーシアの退職積立基金EPF、欧州や日本など海外への投資続行の意向 画像 マレーシアの退職積立基金EPF、欧州や日本など海外への投資続行の意向

制度・ビジネスチャンス

リスク減少のための投資分散マレーシア財務省傘下の貯蓄型年金基金である従業員退職積立基金(EPF)は、今後もイギリス、フランス、ドイツ、そして日本などの海外不動産への投資を続けていく方針であることがわかった。EPFの海外不動産市場部門の責任者Kamarulzaman Hassan氏が明らかにした。EPFは1997年のアジア通貨危機、2007年~2008年の世界金融危機以前には、マレーシア国内への投資のみ行っていた。しかし、加入者に安定した配当をもたらすために、ヨーロッパや日本など成熟した市場への投資が重要であるという。今年1月、マレーシア財務省は政府系企業と法定機関に対し、海外資産の購入を一時的に停止するよう要請していたが、他の政府系企業も海外投資を継続している。経済状況の変化により指示は棚上げされているとの見方がある。日本の物流不動産も対象EPFは最近、ヨーロッパ、日本、またアジアでも成長している物流分野に注目し、ヨーロッパおよび日本の物流不動産へも投資している。ただし、他の地域に比べローリターンとなる米国不動産への直接投資は今のところ考えていないとのことだ。日本では今年2月、三菱商事と組み首都圏5カ所の物流施設を取得している。2年内で500億円規模に拡大する予定だ。アジアの公的年金がファンドではなく日本の不動産そのものを取得して運用することは珍しく、日本でも注目された。(画像はEPF HPより)

EPF海外投資続行の意向を示す

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

    上場ゼネコン大手4社/17年4~6月期決算/3社が受注高3千億円台

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. 日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

    日清食品が滋賀県栗東市に新工場、50%以上の省人化でコスト削減

  4. ~健康経営が生む新ビジネス:3~オフィス訪問の野菜販売が好調!

  5. 国交省が交通誘導警備員を直接工事費に。実績とかい離、計上方法見直し

  6. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  7. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  8. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  9. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  10. 新空港線線(蒲蒲線)、先行区間事業費は1260億円

アクセスランキングをもっと見る

page top