白神山地で息づく“マタギの掟”-厳しさで山の恵み守る 画像 白神山地で息づく“マタギの掟”-厳しさで山の恵み守る

インバウンド・地域活性

 1993年、屋久島とならび日本で初めて世界自然遺産に登録された白神山地には、ブナ林を中心とした豊かな自然が残されている。青森、秋田両県にまたがって残る原生的なブナ林は、約4万5000ヘクタール。そのうち中心部の約1万7000ヘクタールが世界遺産登録地域だ。 白神山地の麓、青森県西目屋村には1000年以上も前から、山の恵みで生活してきたマタギと呼ばれる人々がいた。白神の自然を知り尽くし、厳しい掟を守りながら、資源を守り伝えて、静かに暮らしてきた。  しかし現在では、高齢化、後継者不足などでマタギの伝統文化が失われそうになっている。工藤光治さんは15歳でマタギを継ぎ、50年以上、白神の山で暮らしてきた。マタギの伝統文化を継承する数少ないひとりだ。そんな工藤んからのメッセージ。「私が撃った熊は79頭。マタギのルールはとても大事だと伝えたい」 1957年、兄に熊狩りに連れて行ってもらってから、2013年に辞めるまでの約50年間、ほかの仕事はせずに山の仕事だけで暮らしてきた。約50年間で私が撃った熊は79頭になった。 4月末からわずかの間の熊狩りが終われば、ゼンマイ、フキ、ワラビ、タケノコなどの山菜採りなどをやる。雪が溶けると川の魚を捕まえたり、8月に入ればアユ、サクラマスをとったりする。9月になればマイタケが出てくる。ナメコ採りが11月の初めに終わって雪が降るころには、ノウサギ、山鳥などの猟が始まり、2月中旬には終わる。4月の熊猟が始まるまで少し休んで、山を静かにさせてから、また山に入る。 今はエコツアーガイドとして山へ入っている。白神山地が世界自然遺産に登録されてから、ブナを見にくる観光客が増えた。ブナだけではなく、ブナを守りながら暮らしてきた人たちのことも知ってもらうため、2000年に「白神マタギ舎」をつくった。マタギのルールはとても大事なことだということを伝えたい。 工藤さんたちが白神山地の伝統的な生活文化とその基盤となる自然を保存・伝承するために2000年に設立。白神山地のガイド付きトレッキングツアーを提供する。ブナの森を満喫するコースやマタギ小屋に宿泊するコースなど、季節や体力に合ったコースを用意している。後継者不足、知恵や技を次世代にどうつなぐか “マタギのルール”。それは山の恵みを取りすぎたりせず、必要な分だけいただくという基本的な考え方をはじめとする自然の中で暮らすための約束ごと。山の生態系が回復できる力を残すように加減しながら、調和を図ってきた。工藤さんは「山を静かにさせてから」次の年も山に入ると表現する。  何百年とマタギが白神の山で暮らしてきた中で、ブナの原生林は守られてきた。山菜やキノコなどは毎年採れ、ツキノワグマやノウサギなど豊富な動物が生息している。マタギに限らず、麓の山里に暮らす人々は山の恵みをうまく利用しながら生活してきた。  工藤さんが山に入っていた約50年間で1番の変化は世界自然遺産に登録されたことだという。白神山地は、人為的な影響をほとんど受けていない原生的な日本固有のブナの天然林が、東アジア最大級の規模で分布していることが評価された。 登録されるまでは山はどこへでも入り、猟をしていた。しかし登録後は“核心地域”への立ち入りが制限される。さらに04年に世界遺産地域全てを含んだ地域が「国指定鳥獣保護区」に指定されたため、マタギも猟が困難になった。 国や森林管理者などのルールは、世界遺産地域を開発や乱獲から守るために存在する。しかしそれによって白神山地の自然と深く関わってきたマタギの知恵や技といった伝統文化を失ってしまう危うさも併せ持っている。 工藤さんもガイドの仕事を「元気なうちは続けるつもりだがあと2~3年じゃないか」というように、伝統的な文化を継承したマタギは高齢化などもあり数少なくなっている。白神マタギ舎もスタッフは3人で、伝統文化を伝える後継者も十分とはいえない。 都市に暮らし自然との関わりが薄くなる今、限りある資源を大切に使い次世代へつないでいくために、改めて自然との共存、持続可能な社会の構築を考えたい。狩猟者の減少しシカ被害拡大 近年、ニホンジカやイノシシの生息数が急増してさまざまな被害が懸念され、鳥獣捕獲を担ってきた狩猟者の減少・高齢化による人材確保・育成が課題となっている。 実は白神山地周辺でもニホンジカが確認され、影響が懸念されている。青森、秋田両県では昭和初期にはニホンジカは絶滅していたが、岩手県での個体数増加に伴い目撃情報が相次いでいた。環境省と林野庁は14年から世界遺産地域内や周辺に自動カメラを設置、状況把握に努めている。 本州以南に生息するニホンジカの数は11年時点で推定261万頭、生息域は20年間で1・7倍に拡大した。今の対策のままでは25年に生息数が約2倍に増える予測だ。増えた要因には狩猟者の減少や天敵であるニホンオオカミの絶滅などが挙げられる。また人が里山を利用しなくなったことや積雪量の減少によって住みやすい場所が増えたことなども考えられる。 繁殖力が強く群れで行動するニホンジカは、木の葉や芽、樹皮を食い荒らしてしまうため木が育たない。下草も食べ尽くされ地表が荒れて土壌流出の原因にもなる。環境省は一部の鳥獣については積極的に捕獲し、生息状況を適正な状態に誘導するため「鳥獣保護法」を「鳥獣保護管理法」に改正。自治体とともに若い狩猟者の育成にも乗り出している。 大日本猟友会では13年に都内在住の女性会社員が狩猟者を目指すウェブ連載企画「目指せ!狩りガール」を立ち上げた。その後、若年層を中心に狩猟試験受験者が全国的に増加したという。  狩猟の現場では長い歴史の中で培われてきた狩猟の哲学や、各現場で最適化された知見と技術を継承する若年層がいないこともある。このため同企画は14年、実際に狩猟者の仲間入りを果たし、全国のベテラン狩猟者を訪ねる旅を連載。貴重な狩猟文化の記録ともなりそうだ。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

    東京五輪組織委が有明体操競技場を新築へ

  4. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 富裕層インバウンドの法則その2

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  10. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

アクセスランキングをもっと見る

page top