日本の学習コンテンツをマレーシアの子どもたちへ 画像 日本の学習コンテンツをマレーシアの子どもたちへ

ライフ

日本の「楽しく学べる」学習教材をシンガポール・東京・クアラルンプールに拠点を持つ教育出版社、アースメディアは、小学生を対象とした新聞「Earth Kids Times」(アースキッズタイムズ)をマレーシアで創刊し、創刊号1万部を、現地の小学校に無料で送付した。日本の学習コンテンツを使った小学生新聞の発行はマレーシアで初めての試みとなる。日本の「楽しく学べる」コンテンツを新聞形式で紹介する企画だが、同時に他民族・他宗教であるマレーシアの国情に配慮した内容にもなっている。 創刊号では「海洋生物多様性」など、環境問題について考える特集を組んだ。各地の小学校から購読希望を受け付けており、現在の購読登録校は302校にのほる。収益はスポンサーからの広告収入で、創刊号では学研マレーシア事務所が運営する「学研教室」 を案内している。今後は、さらに幅広い分野で、マレーシアの子どもの成長に寄与する商品やサービスの広告掲載も予定している。経済発展により中間層が拡大し、子どもの教育に関心を持つ親が増えているマレーシアで、需要の見込める分野のひとつといえるかもしれない。東南アジア各地でも今回の試みは、マレーシア教育省と内務省から正式に認可を得ており、マレーシア政府からは「この新しい試みによって学校教育に貢献してほしい」と日本の学習コンテンツ導入に対する期待が寄せられている。事業の進捗についてはアースメディアから教育省に定期的に報告していく予定だという。アースメディアは今後、フィリピン・香港・ベトナム・ミャンマーなどの他のアジア諸国・地域においても、各国版の小学生新聞を創刊する準備を進めており、シンガポールに関してはすでに政府の許諾を得ているとのことだ。(画像はプレスリリースより)
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 「第42回日本書道美術館展」表彰式を開催、入賞・入選作品は8月22日まで展示

    「第42回日本書道美術館展」表彰式を開催、入賞・入選作品は8月22日まで展示

  2. [ヒットの兆し] アンズ新品種「ニコニコット」 生食OK 結実性抜群 

    [ヒットの兆し] アンズ新品種「ニコニコット」 生食OK 結実性抜群 

  3. 【話題】下絵の上から塗れる「透明くれよん」

    【話題】下絵の上から塗れる「透明くれよん」

  4. 【ご当地美人】残り1ヵ月を全力アピール……かごしま親善大使・恒吉初美さん

  5. 【ご当地美人】初イベントはツーリズムEXPO……霧島ふるさと大使 茂利友紀さん

  6. 上海モーターショーはコンパニオン禁止! ならば販売コンサルタントです

  7. 【レジャー&サービス産業展】ものづくり技術をいかしたスポーツレジャーの新感覚アトラクション

アクセスランキングをもっと見る

page top