銀行のミャンマー進出、邦銀に続きマレーシアもメイバンクが支店開設 画像 銀行のミャンマー進出、邦銀に続きマレーシアもメイバンクが支店開設

海外進出

ヤンゴン支店開設メイバンク(マラヤン・バンキング)は、8月3日、ミャンマーにマレーシアの銀行としては初めてとなる支店を開設した。場所はミャンマー最大の都市ヤンゴンの商業地区だ。メイバンクはマレーシア最大の金融機関で、その資産規模は東南アジア第4位。アセアン諸国を含め世界20か国に2,400の支店・出張所を持つ。メイバンクは1994年からミャンマーに駐在事務所を持ち、ミャンマー国内のインフラ整備等に関わってきたが、今回のミャンマー支店開設はその海外ネットワークを更に強化することになると見られる。みずほ銀行も同日支店開設1963年に全銀行を国有化して以来はじめて、ミャンマー政府は2014年10月1日、半世紀ぶりに、マレーシアのメイバンクまた日本の3行を含む外資系銀行9行に支店開設の認可を与えた。それにより、今年4月後半には、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行が、またメイバンクの支店開設と同日の8月3日には、みずほ銀行がヤンゴンに支店を開設している。支店開設に合わせて、メイバンクはH.E.A.R.Tプロジェクト(Helping Every Asian Rise Together)と名付けられたプロジェクトをミャンマーで展開することも発表した。これは、アジアの貧しい地域に太陽光発電電球を贈呈する社会貢献プロジェクトで、ヒンタダ地区は、ミャンマーのH.E.A.R.Tプロジェクトにより電球を受け取る最初の地区となるとのことだ。(画像はMaybank HPより)

メイバンク ミャンマーに支店開設 マレーシアの銀行として初

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  5. 世界第4位のつり橋、トルコ・イズミット湾横断橋が開通

  6. 太陽光発電大手のジンコソーラー、新規借り入れでマレーシア工場を強化、強化後もフル稼働状態

  7. 野外排泄が半数のインド、JICAがセミナー

  8. 国交省のベトナム・ミャンマー訪問団派遣、中小の進出を後押し!

  9. 中国に追いつけ!アフリカ向けインフラ輸出はどうなる?

  10. 1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

アクセスランキングをもっと見る

page top