震災リスクが少ない沖縄のデータセンターを活用……中小企業向けハウジングサービス 画像 震災リスクが少ない沖縄のデータセンターを活用……中小企業向けハウジングサービス

IT業務効率

 キヤノンシステムアンドサポート(キヤノンS&S)とクオリサイトテクノロジーズは、沖縄のデータセンターを活用した中小企業向けハウジングサービス「お手軽運用パック」を7日から提供開始した。

 震災リスクが少ない沖縄のデータセンターを利用し、安価で提供することを特徴としている。

 ハウジングサービスとは、顧客に代わり、サーバや通信機器をサービスの提供元が、環境が整った自社の施設に設置するサービス。顧客は、震災やトラブル発生時の事業継続に向けた備えを自前で行うよりも安価で行うことが可能となる。

 「お手軽運用パック」の構成は、データセンターの共有ラック1/8ラックスペース(5U)とデータセンターで預かるサーバー、ルーター、ファイアウォール装置の保守・監視がセットになっている。

 キヤノンS&Sが、サーポートセンターを設けて、サーバーの遠隔監視、顧客の問い合わせ対応、障害発生時のサポートを行い、沖縄に拠点を構えるクオリサイトテクノロジーズが、Ping監視、障害発生時における機器の電源状態の確認、業者交換作業の立ち会いなどを担当し、両社が相互に連携したサービスとなる。

 5Uのうち2Uに仮想化したサーバーとバックアップサーバー、残りの2UにVPNやファイヤウォール、1Uはメンテナンス用という割り当てとなる。サーバーの台数が1台か2台で価格が異なる2プランを用意。サーバーが2台の「お手軽運用パック プランA」は月額63,500円。サーバーが1台の「お手軽運用パック プランB」は月額46,500円となる。
《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

    横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

  2. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

    VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

  3. 渋谷区、タブレット導入実証成果を紹介/ドコモ教育ICTフォーラム

    渋谷区、タブレット導入実証成果を紹介/ドコモ教育ICTフォーラム

  4. 渋谷区、ICT教育システムにNTTドコモのLTE回線を採用

  5. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  6. 【動画PRの成功術:1】プロに学ぶ成功への5つのプロセス

  7. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  8. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  9. 三井不動産が物流施設向けICTショールーム/人材不足への省力化、自動化をPR

  10. 「大量積載化」「自律化」進む、ドローンの産業活用最前線!

アクセスランキングをもっと見る

page top