太陽光発電大手のジンコソーラー、新規借り入れでマレーシア工場を強化、強化後もフル稼働状態 画像 太陽光発電大手のジンコソーラー、新規借り入れでマレーシア工場を強化、強化後もフル稼働状態

海外進出

マレーシア工場を強化太陽光発電製品の製造大手JinkoSolar Holding Co., Ltd.(ジンコソーラー)は3日、The Export-Import Bank of China. (TEIBC)から6,200万米ドルと5,000万人民元を借り入れる契約を結んだことを発表した。ジンコソーラーはマレーシアを含め世界5ヶ所に製造拠点を持ち、15,000名の従業員を抱える。2015年3月時点の生産能力は約3GWのシリコンインゴットとウェーハ、約2GWの太陽電池、約3.5GWの太陽光発電モジュールで世界トップクラスを誇る。借り入れる6,200万米ドルはマレーシア工場の固定資産投資や中期の運転資金に、残りの5,000万人民元は短期の運転資金にそれぞれ充てる。同社の最高責任者のKangping Chen氏はと述べた。5月に稼働を始めた工場はすでにフル稼働状態に同社によるとマレーシアで今年5月に稼働を開始した工場は順調で、現在に至ってはフル稼働に近い状態だという。同社は今回の資金調達で、より質の高い製品を生産する能力を高め、他社に対する競争力を強めたい考えだ。

太陽光発電大手のジンコソーラー、新規借り入れでマレーシア工場を強化

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

    三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  2. 飲食店の訪日外国人受け入れ対策の実態とは

    飲食店の訪日外国人受け入れ対策の実態とは

  3. 五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注

    五洋・りんかい日産建設JV、東洋建設がベトナム・港浚渫工事受注

  4. ~Sakeの海外戦略:7~ワインのインフラを通じて世界へ

  5. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  6. 国交省、建設・不動産業のTPP対応、3カ国の政府調達段階拡大

  7. 三井石油開発、ミャンマーで陸上鉱区の権益を取得

  8. 国内トラックメーカーがアフリカ市場に本腰――小排気量・環境性能で差別化

  9. ドイツ、モノづくり文化の危機…VWショックでギリシャ問題再燃も

  10. 幸せの国・ブータンの経産相、電気自動車の普及へ前向き

アクセスランキングをもっと見る

page top