社会保険の加入原資を明示する「標準見積書」、建設業界での浸透は低調……提出企業は4分の1以下 画像 社会保険の加入原資を明示する「標準見積書」、建設業界での浸透は低調……提出企業は4分の1以下

制度・ビジネスチャンス

 社会保険の加入原資となる法定福利費を内訳明示した「標準見積書」の活用が低調に推移している実態が、建設産業専門団体連合会(建専連、才賀清二郎会長)が14年度に行った「社会保険等加入状況に関する調査」で明らかになった。3回目となる調査で初めて標準見積書の活用状況を聞いたところ、法定福利費を内訳明示して見積書を提出した工事の割合は24・1%で、明示しなかった工事の割合(75・9%)を大幅に下回っていた。標準見積書に関する質問には、調査回答企業(3824社)のうち707社が回答。これらの企業が施工に当たった工事(1582件)について、法定福利費を内訳明示したかどうかを聞いたところ、明示した工事が381件(24・1%)、明示しなかった工事が1201件(75・9%)となった。
 調査委員会の蟹澤宏剛委員長(芝浦工大教授)は「この調査項目に未回答だった企業も明示していないと見なせば、標準見積書はほとんど浸透していないと言わざるを得ない」と指摘している。見積書に内訳明示した法定福利費が実際に支払われたのは68・8%の262件。公共工事、民間工事いずれも6~7割に達しており、見積書で内訳明示をすれば法定福利費が支払われるケースが多いことも分かった。こうした調査結果から、「まずは法定福利費を明示した標準見積書を専門工事業者側が作成し、元請に提出しなければ何も始まらないと認識すべきだ」(蟹澤委員長)としている。標準見積書の活用をめぐる約150件の意見を集約した結果、「元請企業があまり積極的ではない」が37件と最も多く、活用が元請の意識に大きく左右される実態が浮き彫りとなった。これに「まだ活用していない」(23件)、「内訳の算出・明示が難しい」(22件)が続いており、標準見積書の活用に当たっては下請企業側にも課題があることが分かった。調査では、回答企業の1社当たりの社員数が増加していることも判明した。国民健康保険に加入していた会員企業の「社員外」の人材が厚生年金に新規加入し、社員化したとみられるという。

標準見積書の活用低調/提出は24・1%、元請の意識が左右/建専連調査

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

    【倒産情報】アートヴィレッヂ民事再生法適用申請――負債総額39億8000万円

  2. 旧排ガス規制の農機、8月で生産終了へ

    旧排ガス規制の農機、8月で生産終了へ

  3. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  4. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.1

  5. 建設業、堅調。16年の建設業倒産は4.8%減、8年連続マイナス

  6. 公共土木工事、工期延長が6割超で休日圧縮

  7. 2017年度上半期の企業倒産負債総額、タカタ破綻の影響で7年ぶりの2兆円超え

  8. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  9. 2017年ヒット予想、上位に入ったのは今年話題の・・・

  10. ~着地型観光:3~ストーリーをどう作ればいいのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top