ASEAN外相会議、中国の人工島問題にどこまで切り込めるかに注目……ケリー米国務長官ら参加の6日が山場か 画像 ASEAN外相会議、中国の人工島問題にどこまで切り込めるかに注目……ケリー米国務長官ら参加の6日が山場か

海外進出

外相会議がマレーシアで開幕4日、東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の外相会議がクアラルンプールで開幕した。同会議では中国が南シナ海スプラトリー諸島の浅瀬を埋め立て、7つの人工島を建設した問題にどこまで踏み込んだ議論がされるかが注目されている。議長国マレーシアのアニファ外相は開幕の演説で、中国を名指しすることは避けながらも、埋め立てを含めた南シナ海の開発に言及した。また、中国の王毅外相は同会議に先立ち、と述べた。人工島問題について、中国と南シナ海の領有権を争うフィリピンなどの国々は中国への批判を強めているが、同じASEAN内でもカンボジアなどは中国から多額の援助を受けているため、ASEANが一体となって中国に対抗する構図にはなり難い状況だ。6日の会議が山場か6日には米中日が参加するASEAN地域フォーラム(ARF)が予定されている。ARFには東シナ海のガス田開発問題を抱える日本の岸田文雄外相や中国の王毅外相、米国のケリー国務長官が参加する。中でもケリー国務長官は以前から人工島問題を取り上げることを予告しており、議論が紛糾することが予想される。

ASEAN外相会議スタート 中国の人工島問題にどこまで切り込めるかに注目

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. JICA融資、ミャンマー国鉄ヤンゴン環状線を改良へ

    JICA融資、ミャンマー国鉄ヤンゴン環状線を改良へ

  2. インドネシアがOPECの正式メンバーに復帰 東南アジア唯一

    インドネシアがOPECの正式メンバーに復帰 東南アジア唯一

  3. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

アクセスランキングをもっと見る

page top