佐賀県唐津市が市内産素材によるコスメ開発に最大250万円の補助、県産素材使用への補助も 画像 佐賀県唐津市が市内産素材によるコスメ開発に最大250万円の補助、県産素材使用への補助も

インバウンド・地域活性

 佐賀県唐津市が同市産の素材を使ったコスメ開発に対して経費補助を行う。補助率は3分の2で、上限金額は250万円。

 唐津市にはコスメ分野の産学官連携による活性化活動を行う一般社団法人ジャパン・コスメティックセンターが本部を置いており、市自身も支援会員となっている。

 今回の補助は、唐津市産の農林水産物や天然資源を活用しての化粧品、医薬部外品の開発事業が対象で、唐津市産素材のコスメ業界へのPR効果や地域活性化のモデル性などをポイントとして審査する。補助は化粧品もしくは医薬部外品の製造・販売を行う企業であれば、県内・県外を問わず応募可能だ。

 また、佐賀県産素材を使用しての美容・健康商品開発費補助も同時に募集がスタート。こちらはジャパン・コスメティックセンターによる補助で、同法人の会員企業、入会申込書提出済みの企業が対象となる。補助率は3分の2で、上限金額は50万円。

 ともに申請締め切りは8月31日。それぞれ市と法人で応募を受け付けている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  5. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  6. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  7. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  8. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  9. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  10. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top