与党チーム、北陸新幹線敦賀~大阪間早期着工へ本格協議……小浜ルートなど3案浮上 画像 与党チーム、北陸新幹線敦賀~大阪間早期着工へ本格協議……小浜ルートなど3案浮上

インバウンド・地域活性

 整備新幹線の未着工区間である北陸新幹線敦賀~大阪間の早期着工に向けてルートを選定するための本格協議が6日、自民、公明両党でつくる与党のプロジェクトチーム(PT)で始まった。2022年度に金沢~敦賀間の開業が予定されているのを踏まえ、早期のルート案決定を目指す。PTは、整備新幹線全体の整備計画を協議している与党の「与党整備新幹線建設推進PT」(座長・稲田朋美自民党政調会長)の下部組織として運営。自民党の高木毅前国土交通副大臣がリーダーを務める。
 敦賀~大阪間のルートについては、関西7府県でつくる「関西広域連合」の提案などを踏まえ、▽福井県小浜市などを通る「小浜ルート」(延長123キロ、概算建設費9500億円)▽大津市などを通り京都駅東側で東海道新幹線に合流する「湖西ルート」(81キロ、7700億円)▽滋賀県長浜市などを通り米原駅で東海道新幹線と合流する「米原ルート」(44キロ、5100億円)-の3案が浮上している。国が1973年に決定した北陸新幹線の整備計画は小浜ルートで決まっているが、整備新幹線のルート選定では、最新の建設コストや地元経済への効果を考慮して当初計画のルートが変更された事例も相次いでいる。今回もPTで最新の状況を勘案し、最適なルートを探る。政府は敦賀~大阪間について、今月末の16年度予算概算要求には関係経費は盛り込まず、工事中区間の建設費などを計上する方針だ。PTは、金沢~敦賀間のうち、福井までの延伸について開業前倒し方策を16年度予算要求までに政府に提言する予定だ。

与党PT/北陸新幹線敦賀~大阪間早期着工へ本格協議/ルート選定中心に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  4. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  5. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top