本田圭佑マネジメント会社が千葉・幕張新都心にサッカー場建設、9月着工へ 画像 本田圭佑マネジメント会社が千葉・幕張新都心にサッカー場建設、9月着工へ

インバウンド・地域活性

 サッカー日本代表の本田圭佑選手のマネジメントを手掛ける「HONDA ESTILO」(大阪府吹田市)が、千葉市・幕張新都心にサッカー場「HONDA SPORTS LAND(仮称)」を建設する。サッカーとフットサルのレンタルコートとして貸し出すほか、大会なども誘致し、スポーツを通じた地域の活性化につなげる。施工はアストロ(東京都中央区、安田一彦社長)などが担当する。9月の着工、12月の竣工・開業を目指す。事業費は非公表。
 計画地は、JR京葉線海浜幕張駅北口で、三井不動産レジデンシャルなどデベロッパー7社が開発を計画している幕張新都心若葉住宅地区(千葉市美浜区若葉3ほか、敷地面積17・6ヘクタール)内の最も駅に近いエリア。敷地面積は2・6ヘクタール。サッカーのフルコート1面、ジュニア用サッカーコート1面、フットサルコート2面、屋根付きフットサルコート1面を整備。いずれも人工芝を採用する。約330平方メートル規模のクラブハウスも建設し、ロッカールームやシャワー設備、会議室などを備える。幕張新都心では、日本サッカー協会(JFA)も、海浜幕張駅南側の千葉県立幕張公園(敷地面積71・9ヘクタール)のD・Eブロック(同25・7ヘクタール)で、サッカー日本代表チームの練習や指導者の育成を行う拠点施設「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター」を整備する予定。着工時期は未定だが、18年度の竣工を目指している。

HONDA ESTILO/千葉・幕張新都心にサッカー場建設/9月着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業

    卓球ラケットのラバー製造一筋50年の職人技……東京・ミツホゴム工業

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  5. 地域経済社会の創造と発展に求められる「多様性」「異質性」

  6. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】ベルサイユ宮殿の晩餐で使用された「ぎやまん陶」とは?

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

  10. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

アクセスランキングをもっと見る

page top