日本の食PR、13日から香港でフードエキスポ……外務省は復興支援で福島などアピール 画像 日本の食PR、13日から香港でフードエキスポ……外務省は復興支援で福島などアピール

イベント

 13日から3日間、香港で開かれるアジア最大級の食品見本市「フードエキスポ2015」(香港貿易発展局主催)に、日本から235団体・企業が出展する。昨年より2県増の40都道府県から参加する。

 日本貿易振興機構(JETRO)は会場内にジャパンパビリオンを設置し、154社・団体の農水産物や加工品をPRし、現地バイヤーに売り込む。また、初の試みとして同月12日から月末まで現地・康怡の日系スーパー「AEON(イオン)」でエキスポの出展32社・団体の商品を試験販売し、現地消費者の反応を探る。

 JA全農はJF全漁連との連携でジャパンパビリオンに参加。12社・団体を取りまとめ、青果物や米、鶏卵、畜産加工品を紹介する。日本政策金融公庫も参加し、10社・団体の米やソーセージ、調味料を展示する予定だ。

 外務省も初参加し、東日本大震災被災地支援のために岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、新潟県の特産品や観光名所を紹介するコーナーを設ける。

 香港貿易発展局の吉田茂美日本首席代表は「香港を通して、中国・アセアン地域に安全・安心で高品質な日本農産物をPRする」と話す。 
日本農業新聞

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. “プラスIT”で経営の何が変わる? 全国10会場で展示イベント

    “プラスIT”で経営の何が変わる? 全国10会場で展示イベント

  2. 社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

    社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

  3. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

    【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  4. 【VR展:2】エンタメ以外でも大きな可能性!

  5. これはウケる! 地方創生で学生が地元店のPRポスターを制作

  6. 【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要

  7. 【国際ロボット展】世界最大級の「2015国際ロボット展」が開場、会場規模は過去最大

  8. 【新価値創造展2015】製品化された着るヒーター、通電繊維の未来とは?

  9. 先進的な取り組みが次々と登場、IoTがもたらす未来とは?

  10. 教育現場のICT、その最新動向とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top