日本の食PR、13日から香港でフードエキスポ……外務省は復興支援で福島などアピール 画像 日本の食PR、13日から香港でフードエキスポ……外務省は復興支援で福島などアピール

イベント

 13日から3日間、香港で開かれるアジア最大級の食品見本市「フードエキスポ2015」(香港貿易発展局主催)に、日本から235団体・企業が出展する。昨年より2県増の40都道府県から参加する。

 日本貿易振興機構(JETRO)は会場内にジャパンパビリオンを設置し、154社・団体の農水産物や加工品をPRし、現地バイヤーに売り込む。また、初の試みとして同月12日から月末まで現地・康怡の日系スーパー「AEON(イオン)」でエキスポの出展32社・団体の商品を試験販売し、現地消費者の反応を探る。

 JA全農はJF全漁連との連携でジャパンパビリオンに参加。12社・団体を取りまとめ、青果物や米、鶏卵、畜産加工品を紹介する。日本政策金融公庫も参加し、10社・団体の米やソーセージ、調味料を展示する予定だ。

 外務省も初参加し、東日本大震災被災地支援のために岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉、新潟県の特産品や観光名所を紹介するコーナーを設ける。

 香港貿易発展局の吉田茂美日本首席代表は「香港を通して、中国・アセアン地域に安全・安心で高品質な日本農産物をPRする」と話す。 
日本農業新聞

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

    【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:1】新しい匠とその技

  2. 【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は?

    【LEXUS NEW TAKUMI PROJECT:2】小山薫堂氏の注目作品は?

  3. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

    【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  4. “2S改善マラソン”が製造業の成長に~島根ものづくり工場管理実践塾

  5. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  6. 【日本国際工作機械見本市】製造業に求められる分業と人材シェア

  7. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  8. ダイバイヤー 番組裏トーク|精肉業の自社ブランド成功の理由

  9. 【国際ロボット展】トラクターを無人化する「ロボトラ」、ヤンマーで実証実験進む

  10. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

アクセスランキングをもっと見る

page top