会津若松の建築資材メーカー・有紀が電源不要の自動ドア開発、体重で開閉 画像 会津若松の建築資材メーカー・有紀が電源不要の自動ドア開発、体重で開閉

インバウンド・地域活性

 建築資材の製造・販売を手掛ける有紀(福島県会津若松市、橋本保社長)は、人の体重を利用して開閉する「オートドアZero」を開発した。ドア手前に設置した踏み板に体重をかけることで、内部の機構が連動して開く。電気を一切必要としないのが特徴だ。9月にも首都圏を中心に販売を開始。発売から3年で累計600台の受注を目指す。
 ドアに対して横方向に力を与える「ウエートバー」と呼ばれる棒がドア内部に設置してあり、ドア手前に設置した踏み板が沈み込む動作と連動して、ウエートバーがドアを横に押し込むことで開く仕組み。踏み板から荷重がなくなれば自動的に閉まる。最小荷重20キロで動作する。利用者の体重を利用してドアが開閉するため、電気を必要としないのが最大の特徴。一般的な自動ドアと比較してランニングコストの低減が見込める。構成部品が簡素なため、メンテナンスもしやすい。停電の影響を受けずに開閉するので、災害時にも安心だ。販売価格は60万円(機構部のみ)。同社は今後、公共施設をはじめ、海外を含む幅広い施設での導入を目指し、ゼネコンや建築設計事務所などに積極的にアピールしていく。

有紀(福島県会津若松市)/電源不要の自動ドア開発/体重利用し機械式で開閉

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

    首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  5. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top