自動車部品メーカーがなぜ? 大ヒットとなったデンソーのハンドクリーム、今秋5万個追加生産 画像 自動車部品メーカーがなぜ? 大ヒットとなったデンソーのハンドクリーム、今秋5万個追加生産

インバウンド・地域活性

 自動車部品の世界大手メーカーであるデンソーのハンドクリーム「モイーナ」の評判がいい。2014年末に発売した限定1万5000個は売り切れ、追加販売を始めた。今秋までに5万2000個を追加生産する計画だ。新事業推進室の渥美欣也事業企画担当部長に開発のきっかけなどを聞いた。  ―ハンドクリームを商品化したきっかけは。 「新事業推進室では以前から微細藻類を培養研究している。目的は藻が生成するオイルを自動車用バイオ燃料にすること。ただ実用化はまだ先の話。新事業推進室として”何か別のこともしないと“という危機感があった。そんな中、培養する『ボトリオコッカス・ブラウニー』が生成するオイルの化学構造が保湿剤の『スクワラン』のそれと似ていることを見つけた。実際に保湿効果が高いことがわかり商品化を目指した」 ―自動車部品メーカーのデンソーが化粧品とは驚きました。 「コンセプトは『デンソーからサプライズを発信する』。社内でも当初は『なぜうちが化粧品をやらないといけないのか』など反対意見が多かった。女性社員に試作品をテストしてもらったり、時には反対している人の奥さまに使ってもらったりして良好な結果を示すことで流れが変わっていった」 ―商品化でこだわったことは。 「品質保証を徹底的にした。コンサルティングを入れ、大手化粧品メーカーがどう品質保証をしているか勉強し、それ以上の安全性試験を行った。私は普段ハンドクリームを使わないので、商品化では新事業推進室の女性陣の寄与が大きかった。デザインや香りは特に女性チームがこだわったところだ」 (聞き手=伊藤研二)

限定発売でバカ売れしたデンソーのハンドクリームはその後どうなったか?

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  3. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  4. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  5. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  10. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top