自動車部品メーカーがなぜ? 大ヒットとなったデンソーのハンドクリーム、今秋5万個追加生産 画像 自動車部品メーカーがなぜ? 大ヒットとなったデンソーのハンドクリーム、今秋5万個追加生産

インバウンド・地域活性

 自動車部品の世界大手メーカーであるデンソーのハンドクリーム「モイーナ」の評判がいい。2014年末に発売した限定1万5000個は売り切れ、追加販売を始めた。今秋までに5万2000個を追加生産する計画だ。新事業推進室の渥美欣也事業企画担当部長に開発のきっかけなどを聞いた。  ―ハンドクリームを商品化したきっかけは。 「新事業推進室では以前から微細藻類を培養研究している。目的は藻が生成するオイルを自動車用バイオ燃料にすること。ただ実用化はまだ先の話。新事業推進室として”何か別のこともしないと“という危機感があった。そんな中、培養する『ボトリオコッカス・ブラウニー』が生成するオイルの化学構造が保湿剤の『スクワラン』のそれと似ていることを見つけた。実際に保湿効果が高いことがわかり商品化を目指した」 ―自動車部品メーカーのデンソーが化粧品とは驚きました。 「コンセプトは『デンソーからサプライズを発信する』。社内でも当初は『なぜうちが化粧品をやらないといけないのか』など反対意見が多かった。女性社員に試作品をテストしてもらったり、時には反対している人の奥さまに使ってもらったりして良好な結果を示すことで流れが変わっていった」 ―商品化でこだわったことは。 「品質保証を徹底的にした。コンサルティングを入れ、大手化粧品メーカーがどう品質保証をしているか勉強し、それ以上の安全性試験を行った。私は普段ハンドクリームを使わないので、商品化では新事業推進室の女性陣の寄与が大きかった。デザインや香りは特に女性チームがこだわったところだ」 (聞き手=伊藤研二)

限定発売でバカ売れしたデンソーのハンドクリームはその後どうなったか?

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

    中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  3. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

    みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  4. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  6. 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

  7. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  10. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

アクセスランキングをもっと見る

page top