大手の課題を中小企業が解決、福岡県が主導するマッチング事業がスタート 画像 大手の課題を中小企業が解決、福岡県が主導するマッチング事業がスタート

インバウンド・地域活性

 福岡県が「新生活産業関連中小企業による大企業へのビジネス提案支援事業」に参加する県内の大手、および中堅企業の募集を開始した。中小企業と大手企業のマッチングによって、新たな事業の創出を喚起する狙いだ。

 この事業は、自社の課題解決や経営資源活用に取り組む大企業や中堅企業と、技術やアイディアを有する中小企業を県がマッチングするもの。大手企業側からは自社の事業テーマの提示を行い、中小企業側はそれに対する事業提案を行う。審査を通過すれば、2社間で連携事業がスタートする。

 募集期間は第1期が8月25日まで、第2期が10月30日まで。各期ともに3社程度の大手・中堅企業の募集を行う。このうち、第1期の募集については、中小企業からの事業提案の書類審査などを経て、12月にプレゼンテーション会を実施する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 富裕層インバウンドの法則その1

  10. 大阪、2025年の万博候補地を夢洲に集約。カジノを含む統合型リゾートも

アクセスランキングをもっと見る

page top