大手の課題を中小企業が解決、福岡県が主導するマッチング事業がスタート 画像 大手の課題を中小企業が解決、福岡県が主導するマッチング事業がスタート

インバウンド・地域活性

 福岡県が「新生活産業関連中小企業による大企業へのビジネス提案支援事業」に参加する県内の大手、および中堅企業の募集を開始した。中小企業と大手企業のマッチングによって、新たな事業の創出を喚起する狙いだ。

 この事業は、自社の課題解決や経営資源活用に取り組む大企業や中堅企業と、技術やアイディアを有する中小企業を県がマッチングするもの。大手企業側からは自社の事業テーマの提示を行い、中小企業側はそれに対する事業提案を行う。審査を通過すれば、2社間で連携事業がスタートする。

 募集期間は第1期が8月25日まで、第2期が10月30日まで。各期ともに3社程度の大手・中堅企業の募集を行う。このうち、第1期の募集については、中小企業からの事業提案の書類審査などを経て、12月にプレゼンテーション会を実施する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  8. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top