大手の課題を中小企業が解決、福岡県が主導するマッチング事業がスタート 画像 大手の課題を中小企業が解決、福岡県が主導するマッチング事業がスタート

インバウンド・地域活性

 福岡県が「新生活産業関連中小企業による大企業へのビジネス提案支援事業」に参加する県内の大手、および中堅企業の募集を開始した。中小企業と大手企業のマッチングによって、新たな事業の創出を喚起する狙いだ。

 この事業は、自社の課題解決や経営資源活用に取り組む大企業や中堅企業と、技術やアイディアを有する中小企業を県がマッチングするもの。大手企業側からは自社の事業テーマの提示を行い、中小企業側はそれに対する事業提案を行う。審査を通過すれば、2社間で連携事業がスタートする。

 募集期間は第1期が8月25日まで、第2期が10月30日まで。各期ともに3社程度の大手・中堅企業の募集を行う。このうち、第1期の募集については、中小企業からの事業提案の書類審査などを経て、12月にプレゼンテーション会を実施する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

    エシカルな「食」が都会と地方を結ぶ!

  2. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

    「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  3. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  8. 造幣局東京支局跡地開発、文化交流施設整備事業者を公募

  9. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top