中小企業でも導入しやすく……デンマーク発の産業用ロボットがデモ 画像 中小企業でも導入しやすく……デンマーク発の産業用ロボットがデモ

IT業務効率

デンマークの産業用ロボットメーカー、ユニバーサルロボットは8月6日、都内で多関節型ロボットアームのデモンストレーションを報道陣に公開した。

ユニバーサルロボットのロボットアームは最も大きいものでも本体重量が28.9kg、設置面積も直径190mmと軽量コンパクトで、安全柵がなくても使用できるのが特徴。

ユニバーサルロボットでアジア太平洋地域のテクニカルサポートエンジニアを務めるアンドリュー・ペザー氏は「日本でも納入台数が急激に増えている」とした上で、「日本のように不動産価格が高い国では、中小企業が大きな構えの工場を建設することはできない。しかし、我々のロボットを使って頂くことで、従来の生産ラインの配置を一切変えることなく導入することができる」と述べた。

ユニバーサルロボットがこの日、デモを公開したのは最も小さいサイズの6軸ロボットアーム『UR3』で、本体重量は11kgで、設置面積が直径118mm。すべての関節が360度回転し、先端の関節は無限回転となっており、3kgまでの重さのものを動かすことができ、動作範囲は500mmとなっている。

ロボットの動作はタッチパネル式の専用端末を使ってプログラミングするが、「ほんの5分でシンプルなプログラムを組むことができる」と、ペザー氏は胸を張る。というのも手で直接、自由にロボットの位置合わせをすることができるほか、あらかじめ様々な機能や動作が組み込まれており、その中から必要な機能を選ぶことができるようになっているからだ。

さらにペザー氏は「我々のロボットは容易にプログラミングすることができ、そして多種多様な用途に活用できる。既存の産業用ロボットでは大手企業しか導入することができなかったが、我々のロボットに関しては中小企業にも手が届く範囲に入っている」と重ねて強調した。

中小企業でも導入しやすく…ユニバーサルロボット、小型の多関節型ロボットアーム公開

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

    ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  4. サービス業のIT利用最前線!:1  老舗旅館がタブレットで変革

  5. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  6. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  7. 【ITで強い商店街を作る:3】今どきの商店街のO2O戦略

  8. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  9. HJHJアーカイブス:07「老舗旅館を立て直した“ITのおもてなし”」

  10. 【スマート林業:4】誰にでも開かれた「材木屋」

アクセスランキングをもっと見る

page top