三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調 画像 三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調

マネジメント

三菱重工業が発表した2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比5.0%増の588億円と増益となった。

売上高は同8.3%増の9314億円と増収となった。宇宙が減収となったものの、民間航空機や商船が増収となる、交通・輸送事業が増収となったため。受注高はLNG船の受注や防衛向けが増加し、同0.6%増の8218億円と微増だった。

収益では、交通・輸送事業の船種ミックスの改善や民間航空機のコスト改善が、エネルギー・環境事業や機械・設備システム事業の減益分を吸収した。経常利益は同23.1%増の616億円だった。純利益は同57.7%増の355億円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

三菱重工、民間航空機や商船が好調で増収…2015年4-6月期決算

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

    あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  2. 15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

    15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

  3. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

    自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  4. 活用進まない「改正マンション建て替え円滑化法」 実態を調査へ

  5. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  6. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  7. 企業倒産件数、前年同月比10%ダウン787件……25年ぶりの低水準

  8. 「予約忘れ」も理由の8.9%――店舗を悩ませる「予約キャンセル」の調査結果発表

  9. 国交省が「事業促進PPP方式」の導入効果を整理

  10. 虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

アクセスランキングをもっと見る

page top