三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調 画像 三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調

マネジメント

三菱重工業が発表した2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比5.0%増の588億円と増益となった。

売上高は同8.3%増の9314億円と増収となった。宇宙が減収となったものの、民間航空機や商船が増収となる、交通・輸送事業が増収となったため。受注高はLNG船の受注や防衛向けが増加し、同0.6%増の8218億円と微増だった。

収益では、交通・輸送事業の船種ミックスの改善や民間航空機のコスト改善が、エネルギー・環境事業や機械・設備システム事業の減益分を吸収した。経常利益は同23.1%増の616億円だった。純利益は同57.7%増の355億円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

三菱重工、民間航空機や商船が好調で増収…2015年4-6月期決算

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

    ブラック企業の定義は? 意外にも「○○な企業」はブラックではない!?

  2. 「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート

    「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート

  3. 企業倒産件数、11月として1990年以来の低水準、製造・小売は苦戦

    企業倒産件数、11月として1990年以来の低水準、製造・小売は苦戦

  4. 映画雑誌「SCREEN」発行元が自己破産

  5. 家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

  6. 基礎杭工事問題対策委が中間報告、16年1月に施工ルール告示案

  7. 早期退職者募集、2年連続で最少…東京商工リサーチ

  8. 【展望2016・上】収益基盤安定に注力するゼネコン各社、具体指針は?

アクセスランキングをもっと見る

page top