三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調 画像 三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調

マネジメント

三菱重工業が発表した2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比5.0%増の588億円と増益となった。

売上高は同8.3%増の9314億円と増収となった。宇宙が減収となったものの、民間航空機や商船が増収となる、交通・輸送事業が増収となったため。受注高はLNG船の受注や防衛向けが増加し、同0.6%増の8218億円と微増だった。

収益では、交通・輸送事業の船種ミックスの改善や民間航空機のコスト改善が、エネルギー・環境事業や機械・設備システム事業の減益分を吸収した。経常利益は同23.1%増の616億円だった。純利益は同57.7%増の355億円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

三菱重工、民間航空機や商船が好調で増収…2015年4-6月期決算

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【外食ビジネスウィーク2015】水圧を落とさず最大95%の節水が可能、超節水ノズル「Bubble90」

    【外食ビジネスウィーク2015】水圧を落とさず最大95%の節水が可能、超節水ノズル「Bubble90」

  2. 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

    中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

  3. 総務省「ICTドリームスクール実践モデル」の提案公募開始、採用予定は10モデル程度

    総務省「ICTドリームスクール実践モデル」の提案公募開始、採用予定は10モデル程度

  4. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  5. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  6. 大日本コンサル、新中期計画の策定に着手 新ブランド技術の確立など

  7. 中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

  8. 設備工事上場大手10社、15年4~9月期決算出揃う

  9. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

  10. 中小向けマイナンバー対応マニュアル発刊 建設業振興基金

アクセスランキングをもっと見る

page top