三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調 画像 三菱重工、第1四半期決算は前期比5%の増益……民間航空機や商船が好調

マネジメント

三菱重工業が発表した2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比5.0%増の588億円と増益となった。

売上高は同8.3%増の9314億円と増収となった。宇宙が減収となったものの、民間航空機や商船が増収となる、交通・輸送事業が増収となったため。受注高はLNG船の受注や防衛向けが増加し、同0.6%増の8218億円と微増だった。

収益では、交通・輸送事業の船種ミックスの改善や民間航空機のコスト改善が、エネルギー・環境事業や機械・設備システム事業の減益分を吸収した。経常利益は同23.1%増の616億円だった。純利益は同57.7%増の355億円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

三菱重工、民間航空機や商船が好調で増収…2015年4-6月期決算

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

    【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  2. 特殊法人や自治体を対象とした「ダンピング対策」実施状況の調査結果を発表

    特殊法人や自治体を対象とした「ダンピング対策」実施状況の調査結果を発表

  3. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

    日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  4. 後継者探しや事業引継ぎ、あなたの会社は大丈夫? 中小機構が専用サイトを開設

  5. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

アクセスランキングをもっと見る

page top