9月の大型連休の人気は「和歌山県」「滋賀県」……検索語ランキングによるトレンド 画像 9月の大型連休の人気は「和歌山県」「滋賀県」……検索語ランキングによるトレンド

インバウンド・地域活性

 2015年9月の大型連休(シルバーウィーク)は、6年ぶりとなる最大9連休の日並びの良さから国内・海外ともに旅行が好調だ。楽天トラベルでは、シルバーウィーク期間中における国内・海外の「人気急上昇エリアランキング」を発表した。

 楽天トラベルでは、2015年のシルバーウィーク宿泊対象期間を9月19日~27日とし、7月22日時点での予約人泊数実績をもとに前年同期比で今年の旅行動向を算出。国内旅行は前年同期比+200.8%、海外旅行は同+99.3%となり、国内外ともに高い伸び率となった。国内旅行では特に前半の5連休(9月19日~23日)が好調で2014年に比べ約4倍となっているという。

 さらに、2015年のシルバーウィーク人気急上昇エリアランキングも発表。国内の1位は「和歌山県」で対前年比+615.8%とまさに人気急上昇中だ。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」が2014年に登録10周年を迎え、2015年には高野山が開創1200年を迎えるなど話題が続いており、2014年12月に双子のジャイアントパンダが生まれた「アドベンチャーワールド」などもあることから家族旅行にも人気のエリアとなっているようだ。

 2位には、「井伊直弼公生誕200年祭」やロックフェスイベントで盛り上がる「滋賀県」がランクイン。琵琶湖をウォーキングやサイクリングで一周する「ビワイチ」という観光体験も注目を集めている。3位はサミット開催地に決定した伊勢志摩が人気の「三重県」。話題の「ふるさと旅行券」のプロモーション展開が好調なほか、F1日本グランプリが鈴鹿で開催されるなど大型イベントによる集客も進んでいる。

 一方、海外は1位「マレーシア」、2位「タイ」、3位「インドネシア」と、東南アジアがトップ3を独占する結果に。比較的物価が安く、贅沢なリゾートを手軽な価格で楽しめる点が人気のようだ。1位のマレーシアは、9月に成田―クアラルンプール間の就航が始まり直行便が増加することも人気の要因となっている。

2015シルバーウィーク、人気Top3は東海・関西方面

《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

    ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

  2. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  3. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  8. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top