マレーシア、ナジブ新内閣が発進……資金流用問題からの信頼回復目指す 画像 マレーシア、ナジブ新内閣が発進……資金流用問題からの信頼回復目指す

海外進出

内閣一丸となり前進する政府系企業資金流用疑惑を受け、『政権に悪影響を与える批判は許さない』とし、内閣の団結を強めるために改造を進めてきたナジブ首相は、3日、プトラジャヤの首相府で新内閣を発表した。この日、首相府月例集会に集まった新閣僚らとともに首相は、『課題は山積みだ』として、国民生活の安定に向けての課題、ソーシャルメディア上での問題などを挙げ、国民からの信頼回復を第一に内閣一丸となり、これらの問題を解決すべく前進していくと誓った。旧閣僚らにも感謝の言葉また首相は、元副総理 Muhyiddin Yassin氏や、G. Palanivel氏、Shafie Apdal氏、Hasan Malek氏、Ewon Ebin氏ら前大臣に向け、旧内閣での彼らの尽力に対し感謝の意を述べた。新内閣には、副総理にAhmad Zahid Hamidi氏、 科学技術革新省大臣にWilfred Madius Tangau氏、 国内取引・協同組合・消費者省大臣にハムザ・ザイヌディン氏、天然資源環境省大臣にワン・ジュナイディ・トゥアンク・ジャーファル氏、教育省大臣にMahdzir Khalid氏などが迎え入れられた。(画像は首相府ホームページより)

ナジブ新内閣 発進

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

    ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  2. 日本茶飲料「遥香」、シンガポールで販売

    日本茶飲料「遥香」、シンガポールで販売

  3. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  4. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  5. インドネシア・スリウィジャヤ大の学生が三重大学長を表敬訪問

  6. 東急建設がバングラデシュ初となる都市高速鉄道、請負額80億円

  7. 丸紅、ミャンマー電力省と火力発電所事業化調査で合意

  8. ミャンマーのバガン航空が運休中、再開予定は10月

  9. 【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[後編]

アクセスランキングをもっと見る

page top