マレーシア拠点の電気通信会社TIME、アジア太平洋エリアにブロードバンド環境展開 画像 マレーシア拠点の電気通信会社TIME、アジア太平洋エリアにブロードバンド環境展開

海外進出

TIME独自のCPCS光ファイバーネットワークでビジネスを大きく支える!マレーシアの首都クアラルンプールに拠点を置き、ASEAN諸国へ焦点をあて事業展開を続ける電気通信会社TIME。同社独自のCPCS光ファイバーネットワークによる専用電話回線やインターネットなど、包括的な通信ソリューションを提供しており、特にアジア太平洋地域における事業や電話オペレーターなどを大きく支えている。最新CPCS、最大スピード100Mbpsで信頼性のあるホームブロードバンド・サービス!同社の最新CPCSを導入すれば最大スピード100Mbpsでホームブロードバンド・サービスが利用でき、マレーシア国内最速クラスのコネクションが可能となる。また同社が所有する国際間海底ケーブルにより、東南アジアを含む世界の国や地域とも途切れることのないスムーズな通信接続ができることも非常に大きな利点。近年ビジネスでは必要不可欠になりつつあるクラウド・サービスや、ウェブサーバー、インターネット、プライベートネットワークなど包括的なサービスを提供している。接続スピードチェックや、インターネットを介したクレジットカードによる支払い、請求書照会など、ホームページでの様々なサポートも充実している。

マレーシアが拠点の電気通信会社TIME!家庭やビジネスに徹底したコネクションを!

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

    ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

  3. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  4. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

  6. 西鉄、ジャカルタ郊外で分譲マンション開発

  7. ~Sakeの海外戦略:6~アメリカ生産の日本酒が市場を作る!

  8. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  9. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

  10. ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

アクセスランキングをもっと見る

page top