町田市の旧本町田中小・西小跡地、桜美林学園が私立学校運営に 画像 町田市の旧本町田中小・西小跡地、桜美林学園が私立学校運営に

インバウンド・地域活性

 東京都町田市は、旧本町田中学校と旧本町田西小学校の土地と既存校舎を活用し、私立学校を運営する民間事業者を桜美林学園(東京都町田市、佐藤東洋士理事長)に決めた。10月にも基本協定を締結。16年1月に50年間の定期借地権設定と既存校舎譲渡の契約を結ぶ予定。開校は18年4月の予定。市は、14年9月から公募型プロポーザルで選定手続きを進めていた。
 旧本町田中学校(本町田2600の4、敷地面積1・6ヘクタール)の校舎はRC造4階建て延べ8953平方メートルで、築39年。旧本町田西小学校(同2591の3、同1・5ヘクタール)の校舎はRC造4階建て延べ7917平方メートルで、築41年。学区内にある木曽山崎団地で児童数が減少したため、本町田西小学校は01年、本町田中学校は11年に廃校となっていた。計画によると、既存校舎を改修してスタジオやギャラリー、ホール、アトリエなどを整備。実践的な教育を行う施設として活用する方針だ。運動場は「土の広場」と「緑の広場」の二つの広場を整備して周辺住民にも開放。震災時には避難所として利用できるようにする。防災備蓄倉庫も整備する予定だ。具体的な事業費は未定としている。

東京都町田市/旧本町田中・西小跡活用/私立学校運営は桜美林学園に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

    横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 中部縦貫道・高山清見道路上野第二トンネル工事、市街地の渋滞緩和や物流効率化へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 富裕層インバウンドの法則その4

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top