CSAJ、マレーシア進出を検討しているIT企業向けセミナーの参加者募集……日系企業拠点も増加 画像 CSAJ、マレーシア進出を検討しているIT企業向けセミナーの参加者募集……日系企業拠点も増加

海外進出

マレーシアをターゲットにしたIT企業向けセミナーを開催コンピュータソフトウェア協会(以下、CSAJ)は、今年度、米国、中国、ASEAN地域への進出を検討している企業向けのセミナーなどを企画しているが、その一環として「成長するASEAN市場の中心に位置するマレーシア ~IT企業のグローバル化拠点としてのマレーシアの魅力~」と題したマレーシア進出を検討中の企業を対象とするセミナーを開催することを発表した。セミナー開催の背景マレーシアは現在ASEAN経済圏の中心国の一つとして、GDPも国民一人あたり1万ドルを超えるなど、シンガポールに次いで経済発展のめざましい国である。ビジネスや交通インフラ等も、ほぼシンガポールの水準に達するレベルであるにもかかわらず、豊富な天然資源を背景に電力コスト、人件費などは日本やシンガポールと比べて約半分と大きな魅力がある。また、近年では2012年末にマレーシアと日本・アジア主要国とを直接結ぶ大容量海底光ケーブルも開通するなど、ITインフラの基盤も整ってきている。このような状況下、ASEAN地域を対象としたクラウドサービスを、マレーシアを拠点として展開する日系企業も増加している。セミナーの概要マレーシア・マルチメディア開発公社(*)の協力のもと開催される今回のセミナーでは、ASEAN地域でのビジネス拠点としてのマレーシアの利点や魅力、同国進出の際に考え得るマレーシア政府の支援策、同国でのビジネスチャンスの可能性などを、ケーススタディを紹介しながら解説する。9月2日東京都で開催される同セミナーの参加費は、CSAJ会員以外に一般人も可能で、参加費はいずれも無料だが、8月25日までにCSAJホームページより申し込む必要がある。詳細はホームページを参照のこと。*Multimedia Development Corporation Sdn. Bhd. (略称: MDEC, 日本語名: マルチメディア開発公社) は、ICT 分野における外国企業のマレーシアへの投資促進、ならびにマレーシアの ICT 企業の海外でのビジネス展開を支援することを目的に設立された、マレーシア・通信マルチメディア省傘下の政府機関。(画像はCSAJホームページから)

CSAJ、マレーシア進出を検討しているIT企業向けセミナーの参加者募集

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  3. インドネシア初の地下鉄工事本格化…「世界最悪」渋滞解消めざす

    インドネシア初の地下鉄工事本格化…「世界最悪」渋滞解消めざす

  4. 中国「中高速」成長時代に突入。米国シフトを強める日本企業

  5. 【国産家具を世界へ!:3】中国・韓国市場は高級家具で勝負!

アクセスランキングをもっと見る

page top