CSAJ、マレーシア進出を検討しているIT企業向けセミナーの参加者募集……日系企業拠点も増加 画像 CSAJ、マレーシア進出を検討しているIT企業向けセミナーの参加者募集……日系企業拠点も増加

海外進出

マレーシアをターゲットにしたIT企業向けセミナーを開催コンピュータソフトウェア協会(以下、CSAJ)は、今年度、米国、中国、ASEAN地域への進出を検討している企業向けのセミナーなどを企画しているが、その一環として「成長するASEAN市場の中心に位置するマレーシア ~IT企業のグローバル化拠点としてのマレーシアの魅力~」と題したマレーシア進出を検討中の企業を対象とするセミナーを開催することを発表した。セミナー開催の背景マレーシアは現在ASEAN経済圏の中心国の一つとして、GDPも国民一人あたり1万ドルを超えるなど、シンガポールに次いで経済発展のめざましい国である。ビジネスや交通インフラ等も、ほぼシンガポールの水準に達するレベルであるにもかかわらず、豊富な天然資源を背景に電力コスト、人件費などは日本やシンガポールと比べて約半分と大きな魅力がある。また、近年では2012年末にマレーシアと日本・アジア主要国とを直接結ぶ大容量海底光ケーブルも開通するなど、ITインフラの基盤も整ってきている。このような状況下、ASEAN地域を対象としたクラウドサービスを、マレーシアを拠点として展開する日系企業も増加している。セミナーの概要マレーシア・マルチメディア開発公社(*)の協力のもと開催される今回のセミナーでは、ASEAN地域でのビジネス拠点としてのマレーシアの利点や魅力、同国進出の際に考え得るマレーシア政府の支援策、同国でのビジネスチャンスの可能性などを、ケーススタディを紹介しながら解説する。9月2日東京都で開催される同セミナーの参加費は、CSAJ会員以外に一般人も可能で、参加費はいずれも無料だが、8月25日までにCSAJホームページより申し込む必要がある。詳細はホームページを参照のこと。*Multimedia Development Corporation Sdn. Bhd. (略称: MDEC, 日本語名: マルチメディア開発公社) は、ICT 分野における外国企業のマレーシアへの投資促進、ならびにマレーシアの ICT 企業の海外でのビジネス展開を支援することを目的に設立された、マレーシア・通信マルチメディア省傘下の政府機関。(画像はCSAJホームページから)

CSAJ、マレーシア進出を検討しているIT企業向けセミナーの参加者募集

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

    大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  3. ミャンマーから日本への輸送日数1週間短縮 南海通運

    ミャンマーから日本への輸送日数1週間短縮 南海通運

  4. マレーシア反汚職委員会、ナジブ首相口座のお金は合法な「献金」と結論

  5. インドネシアのカカオ事業、技術指導で付加価値向上を

  6. エイブル、アジア進出を加速。ジャカルタとバンコクに新たな海外店舗

  7. 外国人に人気の日本食はラーメンではなく…鮮度で売れる食材は?

  8. 国交省のベトナム・ミャンマー訪問団派遣、中小の進出を後押し!

  9. 日比国交正常化60周年、深まるインフラ整備分野での協力関係

  10. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

アクセスランキングをもっと見る

page top