ハラール展示商談会「予想上回る好調」で規模拡大……千葉で11月に開催、出展企業募集 画像 ハラール展示商談会「予想上回る好調」で規模拡大……千葉で11月に開催、出展企業募集

イベント

 イスラム教の戒律に沿った「ハラール」に関する国内最大規模の展示商談会「ジャパンハラールエキスポ2015」が11月25、26の両日、千葉市の幕張メッセで開かれる。

 同実行委員会は食品や化粧品・医薬品、観光などイスラム市場に関心のある企業・団体などの出展を募集している。海外のバイヤーとの商談機会を提供することで、ハラール対応食品などの輸出拡大につなげる狙いだ。

 同イベントは2回目で、昨年は60社・団体が展示、アジア5カ国からバイヤーが集まった。商談成約・見込み数も242件で「予想を上回る好調な数字」(実行委)だった。今年はイスラム市場に関心が強く、輸出を力を入れようとする中小企業が増えていることから、出展規模を拡大する。

 展示商談会の他、国内外のハラール対応の動向や最新の情報を提供するセミナーも開く。国によってハラールの認証制度が違うことから苦労した点などの情報交換の場としても活用できる。ハラールの理解や対応を強化することで、訪日客の呼び込み増も目指す。

 募集は8月31日まで。ハラール認証を取得している企業の他、取得に関心があり、これから取り組もうとしている企業・団体も出展できる。

 出展の申し込み、問い合わせは同実行委事務局、(電)043(296)0623。
日本農業新聞

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

    【ウェアラブルEXPO】シャープの超小型レーザープロジェクター、IoT時代の埋め込みデバイスに

  2. 【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要

    【メディケアフーズ展】独居者と在宅ケアが生む新たな需要

  3. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  4. 【ウェアラブルEXPO】光るドレスの電気回路は接着剤……セメダインの導電ペースト

  5. 【ギフト・ショー】海外で大ヒット、空気で膨らませるバブルスパ

  6. 【農業ワールド:1】ドローンやIoT、農家の今を変える技術

  7. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  8. 地下300メートルの世界を体験、地層処分の研究施設で

  9. 【ウェアラブルEXPO】建設・物流現場、最新導入トレンド!

  10. “プラスIT”で経営の何が変わる? 全国10会場で展示イベント

アクセスランキングをもっと見る

page top