高校野球のハイライト動画を楽しめるアプリ……阪大と朝日新聞が開発 画像 高校野球のハイライト動画を楽しめるアプリ……阪大と朝日新聞が開発

IT業務効率

 朝日新聞社は、スマートフォンやタブレット端末を新聞紙面にかざすと、甲子園で行われる高校野球選手権大会のハイライト動画が見られるサービスを始める。無料アプリをダウンロードすることで、大会第1日から決勝戦までの動画を見ることができる。

 同サービスは、無料アプリ「朝日コネクト」をスマホやタブレット端末でダウンロードし、新聞の紙面にかざすことで、第97回全国高校野球選手権大会のハイライト動画が見られるというもの。アプリを起動して、アプリの日付を紙面の発行日に合わせ、スポーツ面のその日のハイライト記事「球音」のアイコンにかざすと、ABC朝日放送提供の動画が表示される仕組み。

 「朝日コネクト」は朝日新聞社メディアラボが大阪大学発のITベンチャー「Qoncept」と共同開発したもので、朝日新聞本紙や朝刊別刷り「GLOBE」の記事、広告などで使われている。高校野球の紙面で使うのは、今回が初めてだという。

 動画は、大会第1日(8月6日)の模様を報じる翌日紙面から、決勝がある第14日(8月20日予定)の翌日紙面まで、連日視聴できる。アプリ、視聴はともに無料だが、通信料は別途かかる。

【高校野球2015夏】紙面とスマホでハイライト動画を視聴

《塩田純子》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

    古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  2. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  3. 建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

    建築ドローン協会、将来的にはドローンスクールの立ち上げも

  4. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  5. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

  6. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  7. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:1

  8. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  9. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  10. 指先ひとつで支払い完了、ハウステンボスで指紋認証決算スタート

アクセスランキングをもっと見る

page top