高校野球のハイライト動画を楽しめるアプリ……阪大と朝日新聞が開発 画像 高校野球のハイライト動画を楽しめるアプリ……阪大と朝日新聞が開発

IT業務効率

 朝日新聞社は、スマートフォンやタブレット端末を新聞紙面にかざすと、甲子園で行われる高校野球選手権大会のハイライト動画が見られるサービスを始める。無料アプリをダウンロードすることで、大会第1日から決勝戦までの動画を見ることができる。

 同サービスは、無料アプリ「朝日コネクト」をスマホやタブレット端末でダウンロードし、新聞の紙面にかざすことで、第97回全国高校野球選手権大会のハイライト動画が見られるというもの。アプリを起動して、アプリの日付を紙面の発行日に合わせ、スポーツ面のその日のハイライト記事「球音」のアイコンにかざすと、ABC朝日放送提供の動画が表示される仕組み。

 「朝日コネクト」は朝日新聞社メディアラボが大阪大学発のITベンチャー「Qoncept」と共同開発したもので、朝日新聞本紙や朝刊別刷り「GLOBE」の記事、広告などで使われている。高校野球の紙面で使うのは、今回が初めてだという。

 動画は、大会第1日(8月6日)の模様を報じる翌日紙面から、決勝がある第14日(8月20日予定)の翌日紙面まで、連日視聴できる。アプリ、視聴はともに無料だが、通信料は別途かかる。

【高校野球2015夏】紙面とスマホでハイライト動画を視聴

《塩田純子》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

    【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  5. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  6. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  7. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  8. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  9. 【自社システムを外販する:2】開発費を2年で回収、その戦略は?

  10. 【AIで変わる経営:1】分析による裏付け、サイト内の集客増に

アクセスランキングをもっと見る

page top