ジヤトコ、静岡県初の「プラチナくるみん」企業に認定……育児、リモートワーク他が評価 画像 ジヤトコ、静岡県初の「プラチナくるみん」企業に認定……育児、リモートワーク他が評価

インバウンド・地域活性

ジヤトコは、厚生労働省の改正次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定(通称:プラチナくるみん認定)制度において、同社が静岡県に本社を置く企業として初めて「プラチナくるみん」企業に認定されたと発表した。

ジヤトコは、性別、国籍、キャリアなど、あらゆる多様性を積極的に受け入れることにより、活力のある組織や新しい発想の創造を実現する、ダイバーシティを推進している。子育てと仕事が両立するための環境整備もこの一環で、出産育児を支援する産前産後休暇制度、育児休職制度や、多様な働き方を可能とする在宅勤務制度、フレックスタイム制度などを導入していること、そして、その利用が進んでいることが評価され、今回の認定につながった。

今回の認定対象期間である2012年4月1日から2015年3月31日の3年間に、女性社員の育児休職利用率は98%、育児休職や育児を目的とした休暇を利用した男性社員の割合は43%と、非常に高い水準の取得実績だった。

ジヤトコ、静岡県初の「プラチナくるみん」企業に認定

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  6. ESRが兵庫県尼崎市に国内最大級の物流施設。延べ39万平米

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 閉館した「グランベリーモール」(町田市)の再整備、新たなにぎわい拠点へ

  9. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

アクセスランキングをもっと見る

page top