“遠隔作業支援専用スマートグラス”が発売開始、現場の人手不足解消に期待 画像 “遠隔作業支援専用スマートグラス”が発売開始、現場の人手不足解消に期待

IT業務効率

 株式会社オプティムと株式会社テレパシージャパンは5日、遠隔作業支援専用スマートグラス「Remote Action」を発売した。

 この製品は遠隔地にいる専門的知識を持ったオペレーターが、現場で作業を行っている人間の目の前の状況を、リアルタイムの映像で確認するためのもの。オプティムの遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」と、テレパシージャパンが開発したウェアラブルデバイス「Telepathy Jumper」を融合し、両社の共同開発によって発売に至った。

 専門性の高い人材育成の課題を抱えていたり、人手不足やサポートコストの増加に悩む企業は、銅製品によってこれらの課題を解決できるという。利用者はシステムを構築する事なく、同製品の電源を入れるだけで遠隔地のオペーレーターとの接続が可能。オペーレーターが作業対象物を指示することもできる。その他、音声通話機能、資料やURLの送信機能、端末の一括管理機能なども搭載した。

 今後の展開として建設、土木、医療ICT、介護・福祉、教育ICT、金融、物流、公共といった現場において、ウェアラブルデバイスを用いた新たな働き方を提案していくという両社。製品の普及に応じ、各業種で新たな利用方法が見出されていく事だろう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【3Dプリンターと製造業:4】3か月を3日に圧縮する新モノづくり

    【3Dプリンターと製造業:4】3か月を3日に圧縮する新モノづくり

  2. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. 東京R&D、FCV向け高圧水素タンクなど「人とくるまのテクノロジー展15」に出展

    東京R&D、FCV向け高圧水素タンクなど「人とくるまのテクノロジー展15」に出展

  4. 【自社システムを外販する:2】開発費を2年で回収、その戦略は?

  5. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  6. 西松建設が大深度での非開削地中拡幅工法を開発

  7. 【ポストものづくり時代:2】“山間辺地へ通勤”に将来性あり

  8. 指紋認証と利用PC制限でマイナンバー流出をブロック、5万円台の管理支援キット

  9. いまどきの工事現場ーーパワーショベルの位置決めも自動!?

  10. 【商売を大逆転させる、スマート決済!】レジを変えると、ビジネスは広がる

アクセスランキングをもっと見る

page top