大和ハウス工業、フジタと大和小田急建設の経営統合を発表 画像 大和ハウス工業、フジタと大和小田急建設の経営統合を発表

インバウンド・地域活性

 大和ハウス工業は4日、完全子会社のフジタと大和小田急建設を10月1日付で経営統合すると正式発表した。経営資源の集中と業務の効率化を図り、国内建設事業の収益力を向上させるとともに、海外事業を拡大するのが狙い。フジタが存続会社となり、大和小田急建設を吸収合併する。合併後のフジタの社長は奥村洋治フジタ社長、金久保篤司大和小田急建設社長は代表取締役副社長に就任する予定だ。
 大和ハウスは2月に、7月29日付で大和小田急建設の上場を廃止し、8月1日に株式交換を行って完全子会社にすると発表。建設市場の長期的な環境変化も見据え、完全子会社のフジタと大和小田急建設の合併を検討してきた。上場廃止となった大和小田急建設の15年4~6月期の単体業績も同時に発表した。売上高は164億92百万円(前年同期比21・9%増)、営業利益は11億38百万円(15・9%増)、経常利益は11億41百万円(5・5%増)、純利益は7億45百万円(5・4%増)、受注高は166億2百万円(31・5%増)。

フジタ/10月1日付で大和小田急建設を吸収合併/経営資源集中で収益向上狙う

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  3. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. 外国人観光客が集まる街づくり。HANJO HANJO、町田でセミナー開催

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  8. 東京圏国家戦略特区の追加へ、提案されたのは歌舞伎町のほかどのエリア?

  9. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top