大和ハウス工業、フジタと大和小田急建設の経営統合を発表 画像 大和ハウス工業、フジタと大和小田急建設の経営統合を発表

インバウンド・地域活性

 大和ハウス工業は4日、完全子会社のフジタと大和小田急建設を10月1日付で経営統合すると正式発表した。経営資源の集中と業務の効率化を図り、国内建設事業の収益力を向上させるとともに、海外事業を拡大するのが狙い。フジタが存続会社となり、大和小田急建設を吸収合併する。合併後のフジタの社長は奥村洋治フジタ社長、金久保篤司大和小田急建設社長は代表取締役副社長に就任する予定だ。
 大和ハウスは2月に、7月29日付で大和小田急建設の上場を廃止し、8月1日に株式交換を行って完全子会社にすると発表。建設市場の長期的な環境変化も見据え、完全子会社のフジタと大和小田急建設の合併を検討してきた。上場廃止となった大和小田急建設の15年4~6月期の単体業績も同時に発表した。売上高は164億92百万円(前年同期比21・9%増)、営業利益は11億38百万円(15・9%増)、経常利益は11億41百万円(5・5%増)、純利益は7億45百万円(5・4%増)、受注高は166億2百万円(31・5%増)。

フジタ/10月1日付で大和小田急建設を吸収合併/経営資源集中で収益向上狙う

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  6. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  7. インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  8. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  9. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  10. 地方の問題はお金より人材……鹿児島県長島町が24業種のプロを全国から募集

アクセスランキングをもっと見る

page top