LIXILが「ゼロエネルギー住宅」の提案を本格化 画像 LIXILが「ゼロエネルギー住宅」の提案を本格化

マネジメント

 LIXILは、高断熱や高効率などの省エネ技術・システムと、太陽光発電などの創エネ技術を組み合わせ、年間のエネルギー収支をゼロにする「ゼロエネルギー住宅」の提案を本格化する。高性能な外装建材(屋根材、外壁材など)の普及拡大とともに、創エネ設備の導入を推進。太陽光発電システムの製造だけでなく、施工体制も構築して高い品質を確保する。外壁や屋根、太陽光発電などゼロエネルギー住宅に関するすべての商材をパッケージ化して提案していく。
 同社はゼロエネルギー住宅の普及に向けて、▽高性能断熱材や高断熱サッシを用いて断熱性能を高める「躯体の断熱化」▽夏の日差しなどを遮り冬は太陽光などを取り込む「パッシブ設計」▽高効率給湯器や高効率エアコン、LED照明などの設備を盛り込んだ「高効率設備の導入」▽太陽光発電などを取り入れた「創エネ設備の導入」―の四つのステップを設定。これに関するすべての商材をまとめた「クラディングパッケージシステム」として提案を始める。
 外装分野が主力となり、快適性や安心・安全、健康だけでなく、低炭素社会の実現に寄与する商品と位置付ける。断熱性能の高いサッシや断熱材を積極採用して躯体を断熱化し、住宅の省エネ化を図っていく。創エネ技術では、屋根と一体型した太陽光発電システムを主力製品に育てる。施工品質を一定に保つため、独自の研修を実施して修了者にIDを発行する。同社の太陽光発電システムはID所有者だけが施工できる体制を整える。ID所有者は既に約5000人いるが、今後も研修を続け施工体制をさらに強固にしていく。

LIXIL/ゼロエネ住宅の提案本格化/躯体断熱化、太陽光発電の施工体制構築

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ストレスチェック制度、義務化目前も認知は約5割

    ストレスチェック制度、義務化目前も認知は約5割

  2. 誘導路再編、駐機場増設…国交省と成田空港会社が2020年東京五輪までの整備対策報告

    誘導路再編、駐機場増設…国交省と成田空港会社が2020年東京五輪までの整備対策報告

  3. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

    シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  6. チャイナリスク関連倒産が2カ月連続過去最多、被害大の業種は?

  7. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  8. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  9. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  10. 「自社はブラック」が4人に1人、今後辞めたい割合も急上昇

アクセスランキングをもっと見る

page top