インドネシアの二輪市場回復は「早ければ今年後半から」……ヤマハ柳社長 画像 インドネシアの二輪市場回復は「早ければ今年後半から」……ヤマハ柳社長

海外進出

ヤマハ発動機の柳弘之社長は8月4日の決算発表会見で、インドネシアの二輪車市場見通しについて「希望的観測だが、早ければ今年後半から、遅くても来年からは回復するだろう」と展望した。

東南アジア最大の2輪車市場であるインドネシアでは、昨年から需要の落ち込みが続いている。今年上期では前年同期比25%減の317万台となり、ヤマハの出荷も31%減の92万台と低迷した。

柳社長によると不調の要因は、政府の経済対策の遅れ、通貨安、さらに一次産品の市況軟調という3つが重なっているという。ただし、政策の遅れが解消されつつあるなどにより、「6月、7月と落ち込み幅は縮小傾向にある」(柳社長)。今年後半からの持ち直しに向け、明るい材料も出始めたと見ている。

ヤマハ柳社長、インドネシア市場回復は「早ければ今年後半から」

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

    不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  4. 天津大爆発…トヨタ現地工場さらに3日間停止、四川一汽豊田の部品供給にも影響

  5. スマホ広告の成長を見込み、ユナイテッドがマレーシアに子会社設立

  6. 西松建設タイ法人、連続無災害評価でシリントーン王女安全賞受賞

  7. アジアの飲食が集結! 大阪で「アジア・フードショー2015」開催

  8. 日本の建設コンサルの海外業務受注、14年度は3.3%減の933億円

  9. バッテリーを10分以内で急速充電、シンガポール国立大が開発

  10. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

アクセスランキングをもっと見る

page top