インドネシアの二輪市場回復は「早ければ今年後半から」……ヤマハ柳社長 画像 インドネシアの二輪市場回復は「早ければ今年後半から」……ヤマハ柳社長

海外進出

ヤマハ発動機の柳弘之社長は8月4日の決算発表会見で、インドネシアの二輪車市場見通しについて「希望的観測だが、早ければ今年後半から、遅くても来年からは回復するだろう」と展望した。

東南アジア最大の2輪車市場であるインドネシアでは、昨年から需要の落ち込みが続いている。今年上期では前年同期比25%減の317万台となり、ヤマハの出荷も31%減の92万台と低迷した。

柳社長によると不調の要因は、政府の経済対策の遅れ、通貨安、さらに一次産品の市況軟調という3つが重なっているという。ただし、政策の遅れが解消されつつあるなどにより、「6月、7月と落ち込み幅は縮小傾向にある」(柳社長)。今年後半からの持ち直しに向け、明るい材料も出始めたと見ている。

ヤマハ柳社長、インドネシア市場回復は「早ければ今年後半から」

《池原照雄》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. ~Sakeの海外戦略:3~中国戦略の鍵はネットとエピソード!

    ~Sakeの海外戦略:3~中国戦略の鍵はネットとエピソード!

  3. 技研製作所/東証1部上場/アジア中心にグローバル展開

    技研製作所/東証1部上場/アジア中心にグローバル展開

  4. ジェコス、仮設橋梁をラオスの現場に納入/次はハイチにも

  5. 日本の食を世界へ! パソナ農援隊がパリにプロモショップ開設

  6. 東南アジアで立体駐車場ビジネスを積み上げる日成ビルド

  7. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  8. オニツカタイガー、クアラルンプールの伊勢丹にオープン

  9. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  10. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

アクセスランキングをもっと見る

page top