中国巨大構想がマレーシアに与える影響 画像 中国巨大構想がマレーシアに与える影響

海外進出

行動しなければ市場を奪われるマレーシア華人商工会連合会 Koong Lin Loong氏は、マレーシアの中小企業は、中国主導の経済圏構想への参入に向け、積極的に行動しなければチャンスを逃すのみならず、市場を奪われ、中国の企業に取って代わられる可能性さえあると、2日、インタビューで述べた。中国が主導する、『一帯一路』経済圏構想と国際協力構想は、マレーシアの大手企業ビジネスマンや外交官の間では今、最も話題となっている。マレーシアを含む周辺64カ国にこれまでにない巨大な投資や、ビジネスの機会をもたらすとされる。年間2.5兆USドルを超す貿易額この構想は、2013年に習近平中国国家主席が提唱した。『一帯』とは、中国から中央アジア、中東を経てヨーロッパをつなぐ経済ベルト、いわゆる古代シルクロードのことで、『一路』とは東南アジアからアフリカまでをつなぐ、21世紀の海のシルクロードをさす。地域全体のインフラ開発のみで、1.6億USドルの投資を呼び込むとされ、10年後には、中国と周辺国との貿易額は、年間2.5兆USドルを超すとされている。マレーシアもそのうちの1国として、経済的に大きな利益を得るだろう。とKoong氏は述べた。(画像はマレーシア華人商工会連合会ホームページより)
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

    イチゴの長距離船便に対応するパッケージ。鮮度保ち輸出拡大へ弾み!

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

    三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  4. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

  5. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  6. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  7. 「しゃぶしゃぶ温野菜」がハノイにベトナム1号店

  8. インド新幹線、日印政府が実施計画作り着手、日本の建設会社進出へ

  9. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  10. テレビ通販が海外進出! 国内通販事業者のインドネシア進出支援

アクセスランキングをもっと見る

page top