中国巨大構想がマレーシアに与える影響 画像 中国巨大構想がマレーシアに与える影響

海外進出

行動しなければ市場を奪われるマレーシア華人商工会連合会 Koong Lin Loong氏は、マレーシアの中小企業は、中国主導の経済圏構想への参入に向け、積極的に行動しなければチャンスを逃すのみならず、市場を奪われ、中国の企業に取って代わられる可能性さえあると、2日、インタビューで述べた。中国が主導する、『一帯一路』経済圏構想と国際協力構想は、マレーシアの大手企業ビジネスマンや外交官の間では今、最も話題となっている。マレーシアを含む周辺64カ国にこれまでにない巨大な投資や、ビジネスの機会をもたらすとされる。年間2.5兆USドルを超す貿易額この構想は、2013年に習近平中国国家主席が提唱した。『一帯』とは、中国から中央アジア、中東を経てヨーロッパをつなぐ経済ベルト、いわゆる古代シルクロードのことで、『一路』とは東南アジアからアフリカまでをつなぐ、21世紀の海のシルクロードをさす。地域全体のインフラ開発のみで、1.6億USドルの投資を呼び込むとされ、10年後には、中国と周辺国との貿易額は、年間2.5兆USドルを超すとされている。マレーシアもそのうちの1国として、経済的に大きな利益を得るだろう。とKoong氏は述べた。(画像はマレーシア華人商工会連合会ホームページより)
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

    スペイン産豚の輸入量が3倍に。冷凍品は米国産よりお買い得!

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

    繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  4. シンガポールで空港ターミナルビルは竹中工務店に。18年半ばに完成予定

  5. ラーメン店「清六屋」、インドネシアでハラル認証取得

  6. 株式会社グローバルウェイ、ミャンマー飲食店向けのクラウドサービスへ出資

  7. 伊藤忠ロジスティクス、インドネシアで倉庫増設

  8. 東南アジアで立体駐車場ビジネスを積み上げる日成ビルド

  9. ~ポストものづくり時代:4~世界唯一のモヘア糸、その作り方・売り方

  10. ~国産家具を世界へ!:1~日本だけの“ストーリー”をデザインする

アクセスランキングをもっと見る

page top