養殖用飼料や建材の高騰など、7月の円安関連倒産は6件――東京商工リサーチ 画像 養殖用飼料や建材の高騰など、7月の円安関連倒産は6件――東京商工リサーチ

マネジメント

 東京商工リサーチは、「円安」関連倒産の7月速報値を発表。件数は6件で、前年同月の21件(速報値)に比べると大幅に下回った。

 7月の主な円高関連倒産事例の1つは、愛媛県で魚類養殖を営む高島漁業。主にハマチ、タイを扱っていたが、売値の低迷等に苦しんでいたところ、円安の進行にともない飼料価格が高騰。先行きの見通しが立たたなかったため、破産申請を行った。

 一方、栃木県で輸入住宅の企画・施工を行うアイバリビング・コーポレーションは、昨年4月の消費増税前の駆け込み需要の反動から受注が落ち込んでいたところ、円安の進行にともない輸入建材のコストが上昇。経営が悪化し破産を申請した。

 円安関連倒産の月次推移を見てみると、昨年に比べて今年は件数が減少傾向に感じられる。しかし、円安基調は依然として継続しているため、今後も予断は許せない。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 覆工コンクリ剥落防止工法、西松建設とアオイ化学工業が共同開発

    覆工コンクリ剥落防止工法、西松建設とアオイ化学工業が共同開発

  2. 1級施工管理技術者検定の学科受験者が大幅増、建築は12・3%増

    1級施工管理技術者検定の学科受験者が大幅増、建築は12・3%増

  3. 東芝が深刻、フリーキャッシュフロー悪化で資金調達に影響も

    東芝が深刻、フリーキャッシュフロー悪化で資金調達に影響も

  4. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  5. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  6. 風力発電「コスト8-9円」は実現可能…技術革新で大幅減

  7. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

アクセスランキングをもっと見る

page top