現場作業のアシストスーツにものづくりビジネスのチャンス、ベンチャーが事業資金を確保 画像 現場作業のアシストスーツにものづくりビジネスのチャンス、ベンチャーが事業資金を確保

インバウンド・地域活性

 産業革新機構は「マッスルスーツ」を開発・販売するイノフィスに対して、6.5億円を上限とする出資を行うと発表した。

 「マッスルスーツ」は身体に装着して動きを補助するアシストスーツ(パワードスーツ)の1種。圧縮空気により駆動する人工筋肉を動力源とし、腰補助用として荷物の上げ下ろしとなどの作業負担を軽減する。工場、物流、農業、介護などの現場作業員向けの製品だ。

 「マッスルスーツ」を開発したのは東京理科大学の小林宏教授で、イノフィスは「マッスルスーツ」を事業化するために2013年12月に設立された。産業革新機構は、「マッスルスーツ」の普及によって労働力不足の解消や生活の質の向上を図るほか、イノフィスが大学発ベンチャーの成功事例となるように支援していくという。

 なお、イノフィスに対しては、他にもTUSビジネスホールディングス、DBJキャピタル、三菱UFJキャピタル、JA三井リース、西武しんきんキャピタル、多摩信用金庫、とうほう・次世代創業支援ファンド、あぶくま信用金庫、大東銀行、福島銀行も出資を決定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  7. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  8. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  9. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  10. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

アクセスランキングをもっと見る

page top