現場作業のアシストスーツにものづくりビジネスのチャンス、ベンチャーが事業資金を確保 画像 現場作業のアシストスーツにものづくりビジネスのチャンス、ベンチャーが事業資金を確保

インバウンド・地域活性

 産業革新機構は「マッスルスーツ」を開発・販売するイノフィスに対して、6.5億円を上限とする出資を行うと発表した。

 「マッスルスーツ」は身体に装着して動きを補助するアシストスーツ(パワードスーツ)の1種。圧縮空気により駆動する人工筋肉を動力源とし、腰補助用として荷物の上げ下ろしとなどの作業負担を軽減する。工場、物流、農業、介護などの現場作業員向けの製品だ。

 「マッスルスーツ」を開発したのは東京理科大学の小林宏教授で、イノフィスは「マッスルスーツ」を事業化するために2013年12月に設立された。産業革新機構は、「マッスルスーツ」の普及によって労働力不足の解消や生活の質の向上を図るほか、イノフィスが大学発ベンチャーの成功事例となるように支援していくという。

 なお、イノフィスに対しては、他にもTUSビジネスホールディングス、DBJキャピタル、三菱UFJキャピタル、JA三井リース、西武しんきんキャピタル、多摩信用金庫、とうほう・次世代創業支援ファンド、あぶくま信用金庫、大東銀行、福島銀行も出資を決定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  4. 【田舎にもっと外貨を!:1】広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  5. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  10. 新潟の三セク鉄道2社がラッピング列車でコラボ、補助金を活用

アクセスランキングをもっと見る

page top