「マツコ」ではなく「エリカ」です!

阪大・石黒教授らが自立対話型アンドロイド 画像 「マツコ」ではなく「エリカ」です! 阪大・石黒教授らが自立対話型アンドロイド

インバウンド・地域活性

 大阪大学大学院基礎工学研究科の石黒浩教授と京都大学大学院情報学研究科の河原達也教授らの研究グループは3日、自律対話型アンドロイド「ERICA(エリカ)」を開発したと発表した。顔は日本人と欧米の人のハーフに見えるように、コンピューターグラフィックスで整った顔を作成した。音声認識や音声生成、相づちといった動作生成などの先端技術を統合し、自然なしぐさで対話できる。 顔は左右対称で鼻と口、あごが一直線に並ぶなど、人工的に顔を修正した。石黒教授は「誰がみても美しく見える顔に仕上げた」としている。喜怒哀楽などさまざまな表情を作れる。肖像権がなく、研究に使いやすい。 研究グループは今後、相手の意図をくんだ対話が可能なモデルを作製する計画。受け付けやカウンセリングなど利用する場面を限定した上で、より自然な対話を目指す。 
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  4. 歴史的な街並みを観光資源に。古民家再生にファンド

  5. 岐阜県・多治見駅南地区再開発計画、事業費228億円

  6. 大和リゾート、インバウンドに向け都市型ホテル事業参入

  7. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. 長崎県大村市で一体型図書館・市歴史資料館、中心市街地ににぎわいを創出

  10. 【インバウンド向けホステル浸透中!:1】個人旅行の格安ニーズをつかむ!

アクセスランキングをもっと見る

page top