「マツコ」ではなく「エリカ」です!

阪大・石黒教授らが自立対話型アンドロイド 画像 「マツコ」ではなく「エリカ」です! 阪大・石黒教授らが自立対話型アンドロイド

インバウンド・地域活性

 大阪大学大学院基礎工学研究科の石黒浩教授と京都大学大学院情報学研究科の河原達也教授らの研究グループは3日、自律対話型アンドロイド「ERICA(エリカ)」を開発したと発表した。顔は日本人と欧米の人のハーフに見えるように、コンピューターグラフィックスで整った顔を作成した。音声認識や音声生成、相づちといった動作生成などの先端技術を統合し、自然なしぐさで対話できる。 顔は左右対称で鼻と口、あごが一直線に並ぶなど、人工的に顔を修正した。石黒教授は「誰がみても美しく見える顔に仕上げた」としている。喜怒哀楽などさまざまな表情を作れる。肖像権がなく、研究に使いやすい。 研究グループは今後、相手の意図をくんだ対話が可能なモデルを作製する計画。受け付けやカウンセリングなど利用する場面を限定した上で、より自然な対話を目指す。 
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 農村の空き家を宿泊施設に! 観光客目線で農泊を/兵庫県篠山市

    農村の空き家を宿泊施設に! 観光客目線で農泊を/兵庫県篠山市

  2. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

    相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

  3. 金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

    金融機関による「地域商社」は地域経済の起爆剤となるか?/地域商社やまぐち(株)の挑戦

  4. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  5. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  6. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  7. ~田舎にもっと外貨を!:4~農泊参入の最大のチャンスは今

  8. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  9. ~田舎にもっと外貨を!:1~広がる農泊、ビジネスの可能性は?

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top