パルス幅100ピコ秒でレーザー出力する回路はどこがすごいのか、金属精密加工のイノベーション 画像 パルス幅100ピコ秒でレーザー出力する回路はどこがすごいのか、金属精密加工のイノベーション

インバウンド・地域活性

 トリマティス(千葉県市川市)は、パルス幅100ピコ秒(ピコは1兆分の1)のレーザー出力を実現する駆動制御回路を開発した。ピコ秒単位のパルス発生で必要な周辺機器を不要にし、小型・低コスト化を実現する。同回路を用いてレーザー加工機を構成すると、数十マイクロメートル(マイクロは100万分の1)レベルでの金属精密微細加工が可能となる。レーザーと電源を組み合わせた光源ユニットとして9月に発売する。価格は約40万円(消費税抜き)で、年間100台の販売を見込む。 島津製作所の外部共振器型短パルス半導体レーザー「ビームインパクト」向けに開発した。回路方式やプリント基板を改良し、レーザーダイオード(LD)直接駆動で、100ピコ秒の超短パルスと光のピークパワー200ミリワットの高パワーを両立した。通常、レーザーダイオードに入力する電流を大きくするとパルス幅が広がるが、電流を最大限流しパワーを確保しながら、パルス幅を抑えた。 また、直接駆動で周辺機器が不要なため、小型化、コストダウンを実現。これまでピコ秒単位のパルス発生は、外部変調法やモード同期法が一般的で、変調器や光学デバイスが必要だった。 光源ユニットのサイズは80ミリ×70ミリ×40ミリメートル。ファイバーレーザー用シード光として、半導体ウエハー加工など微細な切断やエッチング、3Dプリンティングに用いる。パルス幅数ナノ秒の場合に比べ、加工時の熱の影響を低減でき、バリの発生を抑えられる。また、波長が安定し分解能も高いことから、基準光源として分析機器での利用も提案する。

パルス幅100ピコ秒でレーザー出力する回路はどこがすごいのか

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  3. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  4. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  7. 今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

  8. 長崎県、移住検討者にキャンピングカーレンタル……好きな場所で「お試し暮らし」可能に

  9. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  10. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

アクセスランキングをもっと見る

page top