国交省、成田第3滑走路建設計画具体化へ、近く空港会社ら4者協議会設置 画像 国交省、成田第3滑走路建設計画具体化へ、近く空港会社ら4者協議会設置

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、成田空港で3本目となる新滑走路の建設具体化に向けた計画作りに近く乗りだす。今月中にも国や建設主体となる成田国際空港会社、地元の千葉県、空港周辺の市町でつくる4者協議会を設置。2020年東京五輪以降の早期事業化を目指す。新滑走路の計画作りに向けた体制整備は、3日に自民党の「成田国際空港推進議員連盟」(会長・二階俊博総務会長)から新滑走路建設の早期具体化の要望を受けた太田昭宏国交相が表明した。
 太田国交相への要望後に記者会見した議連の二階会長は「成田空港の受け入れ容量は近く満杯になる」と指摘。その上で、新滑走路計画の早期事業化と、これまでの通例から1本当たり10年程度かかる滑走路建設の事業期間の短縮が必要になると訴えた。国の16年度予算要求に調査費などの関係経費を盛り込む必要性も強調した。国交省によると、太田国交相は新滑走路の計画作りの必要性には言及したが、16年度予算要求での対応については言及しなかったという。

国交省/成田第3滑走路建設計画具体化へ/近く空港会社ら4者協議会設置

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

    ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  5. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  6. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 野菜茶業研究所が“人工土壌”を開発!多孔質素材で微生物活性化、地力回復など応用に期待

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

アクセスランキングをもっと見る

page top