気温35度以上の猛暑日は在宅勤務OK! 画像 気温35度以上の猛暑日は在宅勤務OK!

マネジメント

 インフォテリアは夏場の猛暑に配慮した新たな働き方として、最高気温35度C以上が予想される日は在宅勤務(テレワーク)を推奨する新制度を8月から導入する。5時に気象庁が発表する東京地区の最高気温を指針とする。猛暑の中で出勤するよりも、テレワークにより健康維持に加え、生産性も向上できると判断した。 当日の業務が出社を必要としない場合、所属長への申請によりテレワークを許可する。インフォテリアは、これまでも仕事と生活の調和(ワークライフバランス)を考慮し、子どもの体調が不良の際にテレワークを許可するなど、仕事と子育てや介護の両立を推し進めてきた。今回は枠組みを拡大し、従業員の夏場の健康維持を促進する。 同社の平野洋一郎社長は海外事業の開拓で現在、シンガポールに在住。このため日頃から全社員がテレビ会議を活用している。また、モバイル端末向け自社ソフトウエア製品「ハンドブック」により、情報共有などのテレワーク環境が整っている。この環境を生かして夏の猛暑に対応し、新しい働き方を社内で実践することにより、制度運用などのノウハウも蓄積していく。 テレワークの推進拡大により、従業員1人ひとりの生活環境に対応する柔軟な就業環境を提供するととともに、社員の創造性を高める新たな働き方を今後も検討していく。 自社のハンドブックは文書から画像や音声、動画まであらゆる電子ファイルをクラウドに保存し、タブレット端末(携帯型情報端末)で表示できる。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

    家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

  2. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  3. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

    地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

  4. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  5. 国交省、道路・河川・ダムなどインフラ長寿命化計画!

  6. 独身者の帰省費用負担、ゼネコンで新たな焦点に

  7. カットスイカ、持ち帰り袋で売上アップ……持ち手、ジッパー付き 果肉傷めず好評

  8. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  9. 日本工営、国内コンサル・新事業を強化、近畿と福島に人員シフト、海外M&Aも加速

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

アクセスランキングをもっと見る

page top