成田空港アクセス、観光ツアーバスなどに効果……圏央道・久喜白岡~境古河IC開通 画像 成田空港アクセス、観光ツアーバスなどに効果……圏央道・久喜白岡~境古河IC開通

インバウンド・地域活性

国土交通省は、圏央道・久喜白岡JCT~境古河IC間20kmが開通して3か月間の効果をまとめた。

それによると、埼玉県北部方面から成田空港に向かうバスが、混雑している都心を迂回することによって定時性の向上と移動時間が短縮したとしている。成田空港行きの高速バスでは、圏央道開通を機に、運行ルートの変更や停留所の新設が検討されている。

また、都心を通過せず、成田空港、東名高速などの観光地へ移動が可能となり、観光ツアー、観光バス事業が拡大している。沿線の観光バス事業者では、圏央道の開通を機に新規バスを15台増車し、新たな観光ツアー企画を検討している。

開通区間に並行する一般道を走行する路線バスの定時性が向上した。東武動物公園駅バス停から、境車庫バス停までのバス遅延時間が18分っかっていたのが2分と16分間改善した。

圏央道・久喜白岡~境古河IC開通から3か月、ツアーバス増車など効果

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  8. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  9. 葉物類が入荷減! イチゴ通常の6割、西日本大雪の影響、大阪市場

  10. ノーベル賞の晩さん会で注目! 高級食材としてのウズラ肉に注目!

アクセスランキングをもっと見る

page top