"ふるさと納税”ならぬ“ふるさと投資”!? ヤフーとMSが地方小口投資事業を開始

インバウンド・地域活性

 ミュージックセキュリティーズ(MS)とヤフーは共同で、地方創生に取り組む事業者を対象とした「ふるさと投資」事業を発表。3日、特設サイト「地域の未来を創る!ふるさと投資」を公開した。

 MSは個人から小口投資ファンドを募集するサービス「セキュリテ」を、ヤフーは日本最大級の金融情報サイト「Yahoo!ファイナンス」を、それぞれ運営している。今回の「地域の未来を創る!ふるさと投資」では、MSがファンドの組成・募集・運営を担当。ヤフーの「Yahoo!ファイナンス」内に特設サイトが開設された。

 ユーザーはサイトを閲覧し、紹介されている事業者の中から出資先を探す。出資は「セキュリテ」を通じて行われ、投資された資金は事業計画に基づき、設備や原料の購入などに使用される仕組みだ。

 なお、出資者は事業主から出資の礼として、ファンド期間中(ファンドごとに設定。3-5年程度)、対象事業の売り上げに応じて分配金を受け取れる。さらに、醤油や水産加工品など、事業主が手がけた地場産商品が特典として発送される予定だ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  3. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

    常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  7. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  8. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  9. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top