担い手確保・育成-専門工事業4団体が取り組み事例発表会、国交省主催で横の連携に期待 画像 担い手確保・育成-専門工事業4団体が取り組み事例発表会、国交省主催で横の連携に期待

人材

 建設産業が将来にわたって持続していくために、今取り組まなければならないのが担い手の確保・育成だ。各専門工事業団体による活動の好事例を広く普及させようと、国土交通省が主催した取り組み発表会が7月15日に開かれた。発表したのは、全国基礎工業協同組合連合会(全基連)、全国鉄筋工事業協会(全鉄筋)、日本塗装工業会(日塗装)、全国建設室内工事業協会(全室協)の4団体。国交省は、発表事例を参考にしながら、各団体ができることから取り組むことを期待している。東京都港区にある建設業振興基金の会議室で開かれた発表会には、建設産業専門団体連合会(建専連)傘下の団体事務局などが参加した。ゼネコン各社が「囲い込み」を目的に協力会に所属する専門工事業者の技能者の育成に力を入れる中、各専門工事業団体の間で「横の連携をしっかりと取り、担い手の確保・育成に取り組むことが重要だ」(長福知宏労働資材対策室長)との考えから国交省が今回の発表会を企画した。
 全基連は四つの取り組みを紹介した。一つは、事業主の倒産などで余剰となった技能者の就職を組合内の企業間であっせんしようと、厚生労働省の認可を受けて始めた「建設業務労働者就業機会確保事業」。二つ目は4月に東京都の認可を受けた「広域団体認定職業訓練」で、厚労省からの助成金を得て、都外も含めた技能労働者の訓練を実施することができる。04年度から実施している「無料職業紹介事業」では、求人と求職の情報をインターネットを介してマッチング。ここ数年は二十数人の求職に対応している。全基連独自の「優良適格業者制度」では、財務内容や職人の状況、基礎工事に欠かせない機械の保有状況など、会員各社に回答してもらった情報を公開することで、組合員のスキルアップを図るのが狙い。基礎工事の実情を知ろうと「ゼネコンを中心に年間2000件ほどの検索がある」(幸保英樹事務局長)という。
 全鉄筋は、会員企業に就職した人材を対象にした富士教育訓練センター(静岡県富士宮市)での研修を紹介した。「各社が採用した1~2人の人材に富士に集まってもらい、集合教育を行おうというもので、多くの方々に参加してもらっている」(館岡正一副会長)という。高校在学中から取得できる資格として3級鉄筋技能士を創設し、16年度に開始する方向で準備を進めていることも説明した。加えて、DVD制作や出前講座の実施など、鉄筋工事業を知ってもらうための広報活動の現状も報告した。日塗装は、永年勤続表彰と合わせて、新卒5年以上で30歳以下、中途採用5年以上で35歳以下の若手従業員を対象に技術、技能の研さんが認められた人に対する会長表彰を行っていることを紹介。国交省の住宅リフォーム事業者団体登録制度に基づく人材育成計画の実施状況も説明した。全室協は、内装工事業界の魅力を紹介したプロモーションDVDを工業高校や専門学校に配布しての啓蒙活動をはじめ、内装仕上げ工事ガイドブックの版を重ねながら施工時の手引として利用してもらう取り組みや、技能検定の受験促進などの活動も説明。これらの取り組みは構造改善事業として実施しており、本年度にスタートした第9次構造改善事業では、「技能の担い手を育て守る 更なる推進」を重点課題として取り組みを進めるとしている。
 専門工事各団体の事務局が一堂に会する機会は年数回程度しかなく、各団体が担い手の確保・育成にさまざまな工夫を重ねて取り組んでいる情報は、必ずしも団体間で共有されているとは言い難い。横の連携をこれまで以上に密にして、各団体の活動に取り込むことができれば、専門工事業界全体の担い手確保・育成に向けた活動が底上げされることが期待できる。そのためにも、国交省が主催した今回のような説明会が団体主導で繰り返し実施されることが必要になりそうだ。

担い手確保・育成-専門工事業4団体が取り組み事例発表会/国交省主催、横の連携に期待

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

    広島カープ優勝のカギは中小企業的経営にあり。

  2. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

    【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  3. アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

    アニメ『舟を編む』に見る“会社のチームプレー”の素晴らしさ

  4. HANJO HANJO、「中小企業 社歌コンテスト」を実施、社歌動画を募集!

  5. 【プロ人材と地方企業:3】異業種からの管理職採用は穴埋めにあらず

  6. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  7. 【プロ人材と地方企業:2】町工場発のブランド、その販路を切り拓く先鋒

  8. 公共工事積み増しで、建設業界が人手不足懸念に異論反論!

  9. 【社内コミュニケーションの秘訣】社歌はジョニー・B・グッド!

  10. 義務化控えるストレスチェック制度、準備は大丈夫? 千葉市が職場のメンタルヘルスセミナーを開催

アクセスランキングをもっと見る

page top