大阪・吹田市民病院、DB方式で新市民病院移転建替入札公告 画像 大阪・吹田市民病院、DB方式で新市民病院移転建替入札公告

インバウンド・地域活性

 地方独立行政法人「市立吹田市民病院」(大阪府吹田市)は3日、「(仮称)吹田市新市民病院移転建替工事」の総合評価一般競争入札を公告した。JR吹田操車場跡地東部拠点の4街区に移転する計画で、受注者は新病院の実施設計と施工を担当する。9月3~4日に入札参加表明書と入札参加資格確認申請書を受け付け、資格確認結果の通知や質疑、VE対話を経て、11月18~19日に入札書と技術提案書を受け付ける。学識経験者らで構成する選定委員会が審査を行い、12月中旬ごろをめどに落札者を決定する。予定価格は162億円(税抜き)。最低制限価格は設けない。入札参加者は、単独企業、特定JV(2または3者構成)、建設企業と設計企業のグループ、特定JV(同)と設計企業のグループのいずれかとし、設計企業は市の入札参加有資格者名簿に登録し、希望順位1位が建築設計、一般病床300床以上の病院の実施設計、延べ2万平方メートル以上の免震構造建築物の実施設計の元請履行実績があること。
 建設企業は市の建築工事の等級格付けがAランク、単独企業およびJV代表は総合評定値が1700点以上、他の構成員は1500点以上。吹田市内に本店を置く者はCランク以上など。単独とJV代表は一般病床400床以上の病院、延べ2万平方メートル以上の免震構造建築物の施工実績があることなど。12月上旬ごろに提案内容に関するヒアリングと入札書の開札を行い、選定委員会が落札者決定基準に基づき審査・評価を実施、総合的に最も優れた者を落札候補者として選定する。17、18日に基本設計書などに関する説明会と現地見学会を開催する。計画によると、新病院の建設地は同市岸辺新町の敷地約1万7800平方メートル。病院本体の規模はRC一部S造8階(塔屋1階)建て延べ約3万6650平方メートルで、免震構造を採用。付帯施設が立体駐車場、医療ガス・倉庫棟など。駐車場は約280台収容する。総病床数は431床。12月下旬に契約を結び、16年1月から実施設計を始め、18年8月31日までに竣工引き渡す。移転準備期間は4カ月程度。基本設計は日建設計が担当。

吹田市民病院(大阪府)/新市民病院移転建替入札公告/DB方式

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  8. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  9. ついにゴールへ…50キロのトレイルラン、記者が体験(7)

  10. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top