VWジャパンの庄司社長退任は「本人の意向」、JAIA理事長も退任 画像 VWジャパンの庄司社長退任は「本人の意向」、JAIA理事長も退任

マネジメント

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは、7月31日付で庄司茂社長が退任する人事を決定したと発表した。

庄司氏は、伊藤忠商事出身で、2012年6月に独フォルクスワーゲンに入社し、同年8月にVWグループジャパンの社長・最高経営責任者に就任。国内で一般に浸透している「ワーゲン」の呼び名を使用して「ゴキゲン・ワーゲン」と銘打った広告・宣伝活動を展開するなど、独自の戦略を進めてきた。

しかし、国内販売が伸び悩み、2015年上半期(1-6月)の輸入車販売ではメルセデスベンツに16年ぶりににシェアトップの座を奪われた。

同社では、庄司氏本人の意向により、退任すると説明している。

後任には、同社のスヴェン・シュタイン副社長が当面、職務を引き継ぐ。シュタイン氏は2010年1月に同社の副社長に就任し、財務・管理担当役員となっている。

また、庄司氏は日本自動車輸入組合(JAIA)の理事長だったが、こちらも退任する見通しで、後任選びを本格化している模様。

VWジャパンの庄司社長、「本人の意向」で退任…JAIA理事長後任は未定

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 女性が働きやすい職場、管理職の意識改革――静岡市がアドバイザーを無料派遣

    女性が働きやすい職場、管理職の意識改革――静岡市がアドバイザーを無料派遣

  3. 独ZFの米TRW買収が完了――巨大Tier1サプライヤー誕生

    独ZFの米TRW買収が完了――巨大Tier1サプライヤー誕生

  4. 国内トラック市場好調「カーゴ系が牽引」…日野自動車 梶川専務

  5. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  6. 【中小企業の『経営論』】第16回:研修熱心なオーナー社長の落とし穴

  7. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  8. 「安全道場」で鍛える防災意識~川崎重工業

  9. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  10. 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

アクセスランキングをもっと見る

page top