VWジャパンの庄司社長退任は「本人の意向」、JAIA理事長も退任 画像 VWジャパンの庄司社長退任は「本人の意向」、JAIA理事長も退任

マネジメント

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは、7月31日付で庄司茂社長が退任する人事を決定したと発表した。

庄司氏は、伊藤忠商事出身で、2012年6月に独フォルクスワーゲンに入社し、同年8月にVWグループジャパンの社長・最高経営責任者に就任。国内で一般に浸透している「ワーゲン」の呼び名を使用して「ゴキゲン・ワーゲン」と銘打った広告・宣伝活動を展開するなど、独自の戦略を進めてきた。

しかし、国内販売が伸び悩み、2015年上半期(1-6月)の輸入車販売ではメルセデスベンツに16年ぶりににシェアトップの座を奪われた。

同社では、庄司氏本人の意向により、退任すると説明している。

後任には、同社のスヴェン・シュタイン副社長が当面、職務を引き継ぐ。シュタイン氏は2010年1月に同社の副社長に就任し、財務・管理担当役員となっている。

また、庄司氏は日本自動車輸入組合(JAIA)の理事長だったが、こちらも退任する見通しで、後任選びを本格化している模様。

VWジャパンの庄司社長、「本人の意向」で退任…JAIA理事長後任は未定

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

    中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  2. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

    社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  3. 日本建築家協会、次期会長候補に六鹿正治氏が決定

    日本建築家協会、次期会長候補に六鹿正治氏が決定

  4. 店舗運営に役立つ情報を発信する「OMISE Lab(オミセラボ)」がスタート

  5. 15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

  6. 盗難対策と在庫管理ができるRFID、スポーツ用品「デカトロン」が導入

  7. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  8. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  9. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  10. 【解決!社長の悩み相談センター】第7回:資本金1円の会社ってアリ? 話にはよく聞くけど…

アクセスランキングをもっと見る

page top