電気自動車の導入を国交省が支援、バス・タクシー・トラックなど 画像 電気自動車の導入を国交省が支援、バス・タクシー・トラックなど

インバウンド・地域活性

 国土交通省は3日、「電気自動車による地域交通グリーン化事業」の公募受付を開始した。これは、環境性能に特に優れた電気自動車の普及促進を目指したもの。事業計画書は28日必着としている。

 今回の公募は3大都市圏、観光地、環境未来都市などの地域において、他の地域や事業者による電気自動車の導入を誘発し、普及が伝播するような先駆的事業を実施する事業者が対象。事業者間での連携による電気自動車の集中的な投入、あるいは地域連携や異業種連携による総合的な事業を支援する。

 支援内容は「電気自動車バス及び付随する充電設備」の場合は導入費用の1/2、「電気自動車タクシー・トラック及び付随する充電設備」の場合は導入費用の1/3、「燃料電池自動車タクシー」の場合は導入費用の1/2となる。

 なお、タクシー事業に関しては、原則3台以上の車両を導入する計画に支援を限定。いずれの車両も事業用自動車に限り、電気自動車にはプラグインハイブリッド車を含む。なお、電気自動車タクシーについては、補助対象となる車両本体価格の上限を600万円とする。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

    東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  2. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

    JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

アクセスランキングをもっと見る

page top