民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業 画像 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

マネジメント

 帝国データバンクは3日、2000年4月の民事再生法施行後に同法を申請した上場会社118社(2015年7月時点)を対象に追跡調査を実施した。なお、民事再生法を申請した業種としては製造業が29社で最も多く、構成比は24.6%。全体の約4分の1を占めている。

 申請後、現在も存続している企業は46社で、構成比が39%と全体の4割弱。一方、消滅した企業は66社で構成比は55.9%、実質活動停止の企業は6社で構成比は5.1%となった。ちなみに唯一、山形県の株式会社かわでんのみが再上場を果たしている。

 なお、申請後に消滅した66社のうち、過半数の35社が解散(53%)、次いで16社が破産(24.2%)となっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

    東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  2. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

    あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  3. 空きスペースを収益化!「駐車場シェアサービス」が2月にスタート

    空きスペースを収益化!「駐車場シェアサービス」が2月にスタート

  4. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  5. 建設技術研究所が民事再生の日総建支援…都市計画部門強化へ

  6. 海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

  7. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  8. 日銀短観で人手不足が深刻、中小企業は新卒採用難で下方修正も

  9. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  10. 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

アクセスランキングをもっと見る

page top