民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業 画像 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

マネジメント

 帝国データバンクは3日、2000年4月の民事再生法施行後に同法を申請した上場会社118社(2015年7月時点)を対象に追跡調査を実施した。なお、民事再生法を申請した業種としては製造業が29社で最も多く、構成比は24.6%。全体の約4分の1を占めている。

 申請後、現在も存続している企業は46社で、構成比が39%と全体の4割弱。一方、消滅した企業は66社で構成比は55.9%、実質活動停止の企業は6社で構成比は5.1%となった。ちなみに唯一、山形県の株式会社かわでんのみが再上場を果たしている。

 なお、申請後に消滅した66社のうち、過半数の35社が解散(53%)、次いで16社が破産(24.2%)となっている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  2. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(2)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(2)

  3. やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

    やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

  4. 三菱地所が全国3カ所に新規用地取得、物流施設の開発投資加速へ

アクセスランキングをもっと見る

page top