熊本県の全市町村が歩切り廃止、建設業協会との根絶活動結実 画像 熊本県の全市町村が歩切り廃止、建設業協会との根絶活動結実

インバウンド・地域活性

 熊本県は、公共工事の入札時の予定価格を積算金額より切り下げる「歩切り」を県内すべての市町村が廃止したと発表した。県が行った調査では4月1日現在で市町村のうち3分の1が歩切りを行っていたが、7月1日時点の調査では1市1村まで減少。これらも8月から是正する方針を決めたため、県内の全市町村で歩切りの廃止を達成した。県と熊本県建設業協会(橋口光徳会長)では14年6月の改正公共工事品質確保促進法の施行を受け、歩切りの根絶に向けた活動を本格化。熊本建協は市町村を個別に訪問し歩切りの廃止を要請し、県も会合などの場を通じて首長や契約担当者らに継続的に歩切りの廃止を働き掛けていた。
 県の調査によると歩切りを行っていた市町村は4月1日現在では15市町村だったが、7月1日現在では1市1村まで減少。残る1市1村も8月以降に制度を見直し、歩切りを廃止する方針を決定したため、歩切りの全廃を達成した。県では「建設産業の中長期的な担い手の確保に向け、県と市町村が一体となって取り組む体制が整ったと考えている」(監理課)としており、引き続き熊本県建設業協会をはじめとする建設業団体や市町村と連携しながら発注関係事務の適正な運用に向けた取り組みを推進する意向だ。

熊本県/全市町村が歩切り廃止/建設業協会との根絶活動結実

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

    阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

  7. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  9. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  10. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

アクセスランキングをもっと見る

page top