姫路市の手柄山スポーツ施設整備基本計画、長大を最優秀提案者に選定 画像 姫路市の手柄山スポーツ施設整備基本計画、長大を最優秀提案者に選定

インバウンド・地域活性

 兵庫県姫路市は、手柄山中央公園(西延末字手柄山)の再整備に伴うスポーツ施設基本計画のプロポーザルで、長大を最優秀提案者に選定した。当面現存させる中央体育館や陸上競技場のあり方に加え、区域外にある総合スポーツ会館機能の移設など施設全体の現状分析を行うとともに、周辺地域の将来像も見据え、スポーツ拠点にふさわしい施設整備を検討する。今月上旬にも業務委託契約を結ぶ。
 業務名は「手柄山スポーツ施設整備基本計画策定業務委託」。対象区域は同公園内の手柄山西側で、市道幹第21号線以北の約8・7ヘクタール。対象施設は新体育館、武道場(柔道、剣道、弓道)、屋内競技用プール、レジャープール、陸上競技場、中央体育館。同市職員で構成する選定委員会がプレゼンテーションなどを踏まえ、提案内容を評価し、長大を最優秀提案者として選定、契約候補者に決まった。業務内容はスポーツ施設のあり方およびコンセプトを整理した基本理念の提案や基本理念に基づくスポーツ施設に必要な機能および構成を示した基本方針の提案、各施設の構成、機能および配置を検討し、整備計画を立案する。既存の中央体育館や武道館、総合スポーツ会館、市民プールは現状分析を踏まえ、導入施設のコンセプトや規模を検討する。概算事業費や財源の検討に加え、各施設の整備、維持管理・運営について民間活力の導入を検討する。履行期間は16年3月28日。

兵庫県姫路市/手柄山スポーツ施設整備基本計画策定業務/長大に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  5. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  8. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  9. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top